接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  心の基礎体力「仁」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

を以って貫く」

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

五つの徳

人との関わりや仕事上でもなくてはならない「」を学び知る

孔子の思想の真髄は「」にあると言えるほどに、頻繁に「論語」の中に登場してきます。
いったい私達はこの「」をどのように理解すればよいのでしょうか?
孔子が言った「我一を以って貫く」とは「を以って貫く」ことの意味であり
相手に対する思いやりの心」が、即ち「」と言えると解します。
この「仁」は、【恭・寛・信・敏・恵】の五つの徳を行うことを指し示すと言われています。

【以下今泉正顕著 「論語に親しむ」より引用】

[陽貨第十七]原文の意味・解釈

「それを問うなら、次のことをやっているか、恭・寛・信・敏・恵五つの徳の実践だ。
 それが身につけば『仁』とは何かが自然にわかる。」
これは、門弟「子張」との問答である。

孔子はその定義の前に「お前たちは実際に、恭・寛・信・敏・恵の五つの徳を日常実践しているか。
これが身についているのなら『』については、当然わかるはずだ。」と答えている。

」を修める【恭・寛・信・敏・恵】の徳※の実践
また、孔子は、門弟達が「仁とは何か」と尋ねる度にその人夫々に応じた答え方をしています。
では、私達はこの「仁」をどのように理解すればよいのでしょうか?
孔子の言う「仁を以って貫く」ことの「仁」の意味は、「相手に対する思いやりの心」です。

孔子は、この【五つの徳】が身に着けば『仁』とは何かが自然に解ると説いています。

」(きょう)は、
  恭しく(うやうやしく)身を慎めば、人から侮(あなど)られることはない。

」(かん)は、
  心を広く持てば、多くの人が集まってくる。

」(しん)は、
  信用を重んずれば、仕事は任せてもらえる。

」(びん)は、
  「敏」(びん)は、
  ぐずぐずしないでテキパキと片付ければ仕事は捗る。

」(けい)は、
  人に恩恵を与えられる人ならば、黙っていても人を動かせる。

【以上引用終り】

(参考)上記の五つの徳は、よく人の名前にも使われます。

※徳とは、人間性を構成する多様な精神要素から成り立ち、気品、意志、温情、理性、忠誠、勇気、
名誉、誠実、自信、謙虚、健康、楽天主義などが、個々の徳目と位置付けられています。


孔子「論語」の中に、この「仁」について思想の真髄は「仁」なりの文言が頻繁に登場してきます。
では、「恭しく(ウヤウヤシク)」「思いやり」「信用」「敏」(びん)「ぐずぐず」「テキパキ」と
片付ければ仕事は捗ることをさす「恩恵」とは、いったいどんなことを言うのでしょうか?

それがどんなことかを学び知り、理解することが人としての「心の基礎体力」を身に着けることです。
その「心の基礎体力」の具体的な心の持ち方、言葉や行為を知ることで
今迄目に映らなかったり、見えなかったりしたことが見えるようになると共に、
理解出来るようになると今迄生きて来て解りました。
その結果、人物を見る心眼が備わると共に、他人の行為の裏に隠れている心も見えてきます。

即ち、心の基礎体力対人関係力を育む原点なのです
私達は、この原点をより知り、認識することに目を向けなければならないと思います。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1785-e173e776
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック