接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  【自利利他】&「克己」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

自利利他克己の関係

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

【自利利他】と「克己」


自利利他】とは、「自分の本当の利益は、人々の幸せを図っている行為そのもの」を表わします。
また、「自利とは利他を言う」とも言われ、他人に利益を与えて行くことが、
結果として自分の利益に繋がると言うことも意味しています。

この自利利他の理念は、平安時代に、天台宗の創始者である最澄薯「顕戒論」の文中にある
大乗の菩薩の道にはすべて自利なし、利他を以って即ち自利となすが故に」とされています。

成功者や発展し続ける企業は、自利利他の思想が徹底され、その実践をしています。
それは自分のことだけ考えていて一時的に上手く行くことがあっても、
そして、それは時流やたまたま運が良かったことによるものであると捉え、
自分の本物の力や努力によるものではないので、継続しないと言った考え方です。

また、一生懸命努力して成功を掴んだ人であっても、人間の持つ煩悩や欲により、
有名や地位が高くなると、人はいつしか自分を自制する気持ちが緩んで、
感謝を忘れ、自分を許し、愛する心が起きてくることをこの目で見てきました。
或は自ら、あの苦しい中をよく頑張ったと自画自讃し、奢りが出て謙虚さを失うこともあります。
そうなってしまうと、「世のため人のため」ということを忘れてしまい、
「自分のため」だけを考えるようになり、それが身の破滅や没落の引き金になることもあります。

古より人間は本来、他人のためになることや幸せになることを自ら行い、
それを自分の喜びとする天性を備えていると言われておりますが、
現在のように情報に溢れ、多くの有り余る物に恵まれた社会環境に於いては、
いつの間にか本来の人間としての自分を見失い、利己的な自己中心、自我の固まりとなり、
その結果、己の心の自制が利かなくなってしまい、人としてあるまじき行為や
悲惨な事件を引き起こすことになります。
この様なことは、人間の持つ様々な煩悩や欲望に依るものだと考えられます。

克己については、西郷隆盛の残した文言の一部に以下のように記されています。

「自分の修養には、己に克つということを、いつも心がけなければならない。」

「すべて、人間は己に克つことによって成功し、己を愛することによって失敗するものだ。
 歴史上の人物を見るがよい。」

「だから、常に自分に打ち克って、人が見ていない時も聞いていない時も、
 自分を慎み戒めることが大事なことだ。」

一方で、人間は生きていく限り、常に煩悩は付き纏われ、
放っておけば心の中に常に様々な欲望が湧き起ってくるものです。
百八ともいわれている煩悩の中でも三毒といわれる欲望(貪欲(どんよく)、
瞋恚(しんい)(怒り)、愚痴)を抑えることが克己です。
心の中に湧き起こる煩悩は自分の意思の力で抑える努力をしないと、いつまでも付き纏って来ます。
それを克服するために体の鍛錬と同じように心の鍛錬が必要なのです。

この様に【自利利他】の実践に「克己」は欠かせなません。
中でも特に、経営者や管理者、リーダーほど、その鍛錬が大事だと思われます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1788-8f54b4cb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック