接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  おもてなしの「礎」電話応対新-(5)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

電話応対の「礎」

電話応対1

こんな時どうする?

1、相手の声が小さい

「恐れ入ります、お声が聞き取りにくいのですが、(もう少々大きな声でお話頂けますか)」

2、相手の声が大きい

「申し訳ございません、お声が割れてしまって聞き取りにくいのですが、」
(もう少々小さなお声でお話頂けますでしょうか)
(申し訳御座いませんが、もう少々小さなお声でお願いできますか)

3、回りの雑音があって聞きにくい

「恐れ入ります、雑音が入りましてお話が聞き取り難いのですが、
 もう少々大きなお声でお話頂けますか(お願い出来ますでしょうか)」

4、早口で分かり難い

「大変申し訳有りませんが、(恐れ入りますが)少々ゆっくりお話頂けますか」

5、方言や訛りがあって解らない

「誠に申し訳有りません、私には‐‐‐‐‐の意味が解りかねますので、簡単な言葉で、
 もう一度ご説明頂けますでしょうか」(こちらで話の内容を復唱する)

6、専門用語や意味不明の言葉がある

「誠に申し訳有りません、私不勉強で‐‐‐‐の言葉の意味が理解できかねます。
 恐れ入りますが、‐‐‐‐の意味をお教え頂けますか(願えませんでしょうか)」

7、名乗らない

「申し訳ごさいませんが、お名前をお教えいただけませんか」
「会社より必ずお名前を伺うようにと指示されております、恐れ入りますがお名前をお教え頂けますか。」

8、間違い電話(丁寧に話す)

「いいえ、違います」など雑な受け答えは避ける。

「こちらは0000―××××の‐‐‐‐‐‐‐‐店で御座いますが、お掛け間違えではございませんか」

代表的な応対言葉を記載しましたが、【相手の立場】で応対することを怠らないようにしましょう。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/179-f6fd85eb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック