接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  人的スキルを再認識する

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

人的スキルを指差す

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

職場リーダー管理監督者人的スキル

今年も間もなく余すところ半年と成ろうとしております。
そこで、今の自分職務遂行状などを振返る為に
人的スキル】のチェックリストを載せます。

人間社会は勿論のこと、
職場は言うまでも無く「」によって構成されています。
ところが仕事と言うスチエーションにおいて、
部下やスタッフに対し「」であることを忘れてしまい、
」いう認識を感じない態度や言動をしている
職場リーダー、管理、監督者が少なくありません。
その結果として、
部下やスタッフが人としての「」の感じられない仕事、
目的を意識しないで仕事や業務を遂行する、
即ち人間力を必要としない作業をすることに陥っている場合も多々あります。
このような状況や状態は、「」を牽引し、導くべき立場にある
職場リーダー、管理、監督者の人的スキルの不足から起こっていると考えられます。

現在のような≪個≫の時代になればなるほど、
この人的スキルは特に大切になってきます。
そこで、自らの人的スキルを省み、指差してみる必要があると思われます。
以下、職場リーダー、管理、監督者の身に着けておくべき人的スキルです。


採点]自信がある=5.備えている=4.多少ある=3.やや欠ける=2.僅かにある=1.ない=0.

【人的スキルの項目】

1. “現場・現物・現実”の夫々を、「原理」「原則」を以ってあらゆる方面から思考し、対処する。
2.人として謙虚さを備え持っている
3.真摯な態度で対人関係や物事に当たれる
4.確りとした志と信念を保有している
5.公私のけじめをしている
6.アピールと自己顕示の線引きが出来る

7.何時も感情的にならず、安定した精神状態を保てる➡自制出来る
8.冷静沈着に事象や物事が判断決断出来る
9.誰に対しても、平等・公平である
10.人の良い処を素直に認められる
11.喩え部下であっても、人として尊重できる
12.適切な基準を持ち、正しく評価できる

13.言行一致、自利利他の誠実さを備えている
14.TPOに合わせた適切なマナーを弁え、人に接することが出来る
15.上司として、部下への気働きが出来る
16.人の話をよく聴き、感情や状況に流されない(不動心)
17.あらゆる面で視野が広区、先見性がある
18.寛容さと許す心を備えている

19.いつでも相談に乗れる親しみ易さがある
20.情報収集力と外交手腕がある
21.組織の中で立場を保てる
22.時には同じ立場で見聞き出来る
23.確固たる己を持ち、自分の立場で話が出来る
24.洞察力を磨いている

25.話し方に偏りがない
26.トレンド感覚を持っている、
27.適切な判断・決断力を備えている
28.アシスト、サポートするゆとり(余裕)を備えている
29.機知に飛んだ言動が出来る
30.仕事に対して、的確な基準を持っている

31.困難なことでもチャレンジ心を持ち取組んでいる
32.自ら範を示せる
33.自分を適切に表現出来る
34.話す内容に一貫性がある
35.相手の能力をいち早く見極められる
36.相手に合わせた《ものさし》が使える

37.場面に合わせた空気、温度差を察知できる
38.相手の立場を理解出来、相手の心に寄り添って考えられる
39.何事においても、感謝の心を持ち、適切に表現できる
40.自ら問題の解決が出来、相手に合わせた解決法を教えられる
41.必要に応じて教育出来る
42.必要に応じて管理出来る

43.必要が有れば訓練出来る
44.必要が有れば修正出来る
45.T.P.O.を弁えて行動している(≒時間と約束を守れる)
46.より良い仕事の仕事が教えられる
47.必要な情報を与えてくれる
48.意思決定のサポートが出来る

49.平等に業績を認められる
50.職務の上で人の目標となれる
51.プロとしての自覚があり、努力を惜しまない
52.自分の魅力を知利、魅力を求めず与えている(≒見返りを求めない言動が出来る)
53.お蔭様での意識と相手を立て言行動が出来る
54.立場と力をひけらかさない

55.人のことを指差す前に、自らを指差せる・自己啓発を怠らない)
56.自然に人間性が滲み出ている・自信と信念を持つ、指導出来る
57.周りの人々を大切に出来る
58.優れた眼力を備え、人と全体を見る目を持っている
59.相手や場面に合わせ、自らを表現出来る
60.立場、職位に合った言語力を備え使いこなせる(優れた説得力を備え職務に生かしている)


(備考)
項目数が多いですが、自分には必要ないと思う項目でも一度は思考してみることをお勧めします。
100点満点に換算し、少なくとも65点以上が取れることが望まれます。
自らが必要と思う項目に、S~Cのランクを付けた上で採点して下さい。
また、採点結果に基づき、重要度、優先順位を付けて取組むことをお勧めします。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1794-d0e01124
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック