#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 個の心身の体力を育む

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

の時代の「心の体力

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

心の体力大

現代の日本の社会環境は、いい意味でも悪い意味でも
」中心の社会環境に成りつつあると思います。
それは決して利己主義的な「」ばかりではなく、
サッカーや他のプロスポーツなどでもよく言われるように、
世界で戦い優秀な成績を上げ、それなりの結果を得るためには、
々人が優れた技と強い気持ち(心)を持つ、
即ち「のレベルアップ」が求められ、必要とされると言われています。

つい最近、サッカーの本田選手が
「結果を得るには、チームワークが良いのは当たり前、のレベルアップが何よりも大切だ」
と言った発言にも表れています。

また一方では、個人の安心安全を優先する体質が強くなり、
対人関係力である「対外的スキル」、利己的な「便利で快適な生活」、
「物質・経済的豊かさ」「見た目の美しさ」「他人の思惑」ばかりを追い求めて、
その元となるであろう大切な自らの心の基礎体力を「育み」「磨く」ことに目線が行かず、
いじめや悲しい事件などの起因となっているように思えます。

個々人が自利利他の精神を備え、克己に努めることを行わなければならない時期だと考えます。
戦後、団塊の世代と言われる人達は、「経済的に豊かになれば、必ず幸せになれる」と信じながら、
「経済的な豊かな社会」や「ものづくり」に精魂を注いで来ました。
その結果、人として大切な心を育むことを疎かにし、
次の時代に受け継がなければならない人の【原点】である「人を思いやる心」の育成に、
力を注ぐことが出来なかったように思えてなりません。

今の社会の中枢を担っている団塊ジュニアと言われる人達の中には、自らの保身や個を優先する余り、
自らの意思表示や意思決定を明確にしなかったり、断る勇気を持たず返事を返さなかったり、
曖昧な返事をすることを美学とする意識を持つ人も少なくありません。

また、20代の2~3割以上の人は自殺を考えたことがあるそうです。
同時に、「結婚できない」「満たされない」「空しい」と訴える人々も増加しているそうです。
現代の日本人の多くは、個人の安心安全を優先するばかりに「対外スキル」、
利己主義とも言える「便利で快適な生活」、「物質・経済的豊かさ」
「見た目の美しさ」ばかりを追い求め、一方では「他人の思惑」を気にし過ぎるばかりに、
己の心と真剣に向き合うことを避けたり、
他者への意思表示を曖昧にしたりしている傾向が見られます。

その結果、人として大切な自らの「心の体力」を育むことに本気で向き会わず、
対人関係力ばかり意識が向いていると思えてなりません。

教育環境も外的要素や知性・理性に偏りがちになり、何事にも耐えられ、
チャレンジする強い「心を育む」豊かな「感性を育む」という視点が、
まだまだ軽視されているように思えます。
人間力の【原点】とも言える「心の基礎体力」作り、
言い換えるなら他者を「思いやる心」と利他心の育成に
もっと目を向け行わなければならないと思います。
その一つとして、団塊ジュニアと言われる子供を持つ人たちの人達の「心の体力」作りが急務と思われます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1820-365018e2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック