接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  五配りは「思いやり」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

五配り」の徹底

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

五配り

おもてなしや接客接遇サービスは、もてなす相手やお客様と私達の間で
リアルタイムに、リハーサルなしの一発勝負で行われるものです。
それは、物や形として、どこかに残しておくことが出来ないものです。
其のため、常に緊張感を備え持ち、愛他と一期一会の心を以って本気で取組む必要があります。
もてなす相手やお客様は私達にとってなくてはならない大切な人ですが、
その大切な人に対する愛他活動や利他心を表すのは「思い遣り」や「感謝の心」の
感じられる言葉や態度・行動です。
【マナー】は、この「思い遣り」や「感謝」を形として表したものです。
そのために、もてなすこちらの心を伝え表す
目配り」「気配り」「心配り」「見配り」「手配り」の「五配り」の活動が必要です。
そして、お客様に満足や感動を味わって頂くためのこの「五配り」の活動は、
自らの感性と五感を常に磨き上げておくことが必要です。

目配り
・相手やお客様の表情や心理状態や置かれた環境の隅々に至るまで観察察知する
・店内やお客様の様子などの情報を素早くキャッチすること

気配り
・状況に応じて、臨機応変に応対、対処すること
・相手やお客様の置かれた環境や物理的心理的状況を観察する⇔観察察知力

心配り
・相手やお客様の心のポジション、現在の心理状態をいち早く察知する⇔推察力
・お客様の心理を言葉や表情・態度から察知し、お客様の心を気遣い、思いやること

「身配り」
・言葉だけではなく、身振り(行動)が伴う。適時適切に身体をあちこちに動かす。

手配り
・言葉だけではなく、手振りの仕草が伴う。別に人や物の配置などの意味もあります。

これらの「五配り」は、何れも愛他と奉仕の心と態度で生かされ、伝わります。
大切なお客様へのおもてなしは、形だけの表情・態度や言動ではなく、自然な何気ない仕草で
もてなす側の心を伝えることです。気遣い、心遣いをする
その為に、この「五配り」に緊張感を持ち、常々怠らずに行うことです。

五配りに必要な主な能力

目配り⇔観察力・行動力・眼力・立場転換力
気配り⇔観察力・察知力・行動力・判断力
心配り⇔推察力・行動力・立場転換力
◇身配り⇔機知に富んだ行動力・積極性・立場転換力
手配り⇔機知に富んだ行動力・機微さ・機転・積極性・立場転換力

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1827-c3fc0abb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック