#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 思い遣りの心の溢れる日本に!!

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

ホスピタリティ」と「思い遣り

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

思い遣りホスピ

サービスホスピタリティの違い

サービスの語源は、ラテン語のServus(奴隷)です。
それが、英語のSlane(奴隷)Servant(召使い)という言葉から発展しました。
サービスは語源の通り、サービスを受ける立場が主であって、サービスを提供する方は従ということで、
主従関係がはっきりしていると言えます。
一方で、ホスピタリティの語源は、ラテン語のHospics(客人等の保護)です。
それが英語のHospital(病院)Hospice(ホスピス)と色々な言葉に発展したと言われています。
これらは対価を求めているのではなく、おもてなし・喜びを与えることに重きをおいている点が
サービスと大きく違います。

〇「思い遣りの心」は、おもてなしホスピタリティの原点

ホスピタリティにおいて重視されるのは、人間性や信条、個性、感性などであり、
報酬を求めての行動ではありません。
おもてなし、喜びや感動と言ったことを通じて、報酬は結果としてついてくるという考えです
最近では、特に医療サービスや介護の施設でよく使われている「ホスピタリティ」とは、
「良心」「思いやり」「心からのおもてなし」という意味と私は解します。
形や行動などで示す「マナー」は相手に不快感を与えないための最低限のルールです。
そこに良心とも言える「心」が加わると、ホスピタリティに成ると考えます。
そして更に深い心地良さが加わることで、信頼や信用、安心感が生まれます。  
このようにホスピタリティや日本のおもてなしの本質は、「思い遣り」を表現し、伝達することです。
ある意味では、仏教の『無財の七施』と言われる施しもホスピタリティに当て嵌まると解せます。

突き詰めてみると、サービス、ホスピタリティ、おもてなし(接客・接遇)の「礎」となるべきものは
思い遣りの心』≒E.Q.(心の知能指数のひとつ)であると私は考えます。

C.S.(顧客満足度)の高いおもてなしや接客・接遇の素晴らしい店(会社)や医療介護施設には、
必ず高いE.S.(従業員満足)が存在し、働く人達がキラキラとした目で楽しそうに仕事をしています。

どの業界でも言えることですが、
顧客や患者さんへの接客や接遇ばかりに目が行ってしまう結果、
その接客や接遇を実際に行う現場スタッフの方達の心のケア、
適切な人財育成がなされていない職場や施設が現実としてあちこちに存在しております。

その中でも、介護や医療と言った業種、おもてなしの所作や心の求められる接客サービス業に従事する者は、
人としての基礎となる「思い遣りの心」を確りと熟知し、その修得が必要なのです。

顧客や相対する様々な人との日々の触合いの中で、自らの心が豊かになり、人として成長し、
幸せを掴むことが出来るように成り、その結果として現場のC.Sや職務遂行に結び付くと考えます。
このようにひとり一人の心が豊かに成ることは、今後の日本の復興にも大きく寄与すると思います。

特に介護・医療のお仕事は、大変な重労働であると共に、精神的な負担が多いと思われます。
現在の介護や医療の現場では、最も大切な介護を受けられる方や患者さんのことばかりが
優先されがちであり、実際にその現場で働くスタッフの心の豊かさ、人間性向上、
モチベーションアップに繋がる心の育成や管理システムが不十分であると聞き及んでおります。

中でも介護や看護に従事なされている方々は、
精神的な負担を如何に乗り越えられる情熱と忍耐力を持っているかが
大きなポイントになるのではないかと考えます。

施設にお世話になられる方々、患者さんのケアをなさっている現場スタッフの
心の豊かさ、心の在り方は、施設や機関の信頼にも大きな影響力を及ぼします。
その結果、思いもよらぬクレームや接遇に対する苦情の起因に成ることも考えられます。

介護や医療現場のスタッフへの処遇、即ち施設や機関を管理する人々が
現場で実際に働いているスタッフへのホスピタリティ意識の保有、
その人達への「思い遣りの心」とその表現と行動は、
とても重要で大切なことであると思います。
当然、実際に現場のスタッフ達にも「思い遣りの心」で接することは必用不可欠であると考えます。

また、介護や看護に携わる方々やその候補生に対して、
ホスピタリティについての接遇研修や接遇の所作について説く人達は、
先ず自らが「礎」となる「思い遣り」が何たるやを修得しておかなければなりません。
また、「思い遣り」が何たるやを知らずして、身に着けた形ばかりの接遇マナーや所作は、
所詮その時だけの付け焼刃になってしまう可能性が大いにあります。

しかしながら、基礎(基本)となる形や仕草は、必ず習得しておかなければなりません。
大切なことは、其の形や所作の原義原則を自覚認識しているか否かです。

さて、実社会で「思い遣りの心は、生きて行きながら日々身に着く」と言われています。
しかし、「思い遣りの心」がどんなものを言うのかを知らないでいては、到底身に着けられません。
その「思い遣りの心」が何を指し、どんなことなのかを知識として得ることは、直ぐに出来ることです。

幸せに成れない、
大切な人がいない、
愛する人が出来ない、
異性にモテない、
親友が出来ない、
仲間がいない

などと想い悩んでいる人は、先ず「思い遣り」ってどんなことかを知識として得ることです。
そして、「思い遣り」について知り得たことを、先ず出来ることから率先して行うと共に、
修得する為に様々なチャレンジをしてみることをお薦めします。
そうすることで、今迄にない新しく素敵な世界が見えて来て、心を豊かにしてくれます。


このブログの検索語に良く見られる、以下の語句の答えになるのも、「思い遣りの心」です。
• 利他心、愛他活動とは?
• おもてなしに大切なことは?
• 多方面に目配りや気配りが出来るように成る為には?
• 医療介護の接遇改善方法?
• どうしてお客様を大切にしなければならないのか?
• 何故笑顔が大切なの?
• ホスピタリティを他者に伝えるときに最も重要なこと?
• 公私の区別をつけるためには?
• 心が通う職場のために行うこと?
• 人の心や感情の動きを察知し、それに先回りして応える事?

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1828-fcea74a0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック