接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  おもてなしと感動(1)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

心を動かす「おもてなし

心に響き、感性を動かし、何時までも心に残る余韻を残すことを、おもてなしの感動と解します。
その為の要素について、数回に別けて記載します。


お薦め度【★★★★】全業種、業態用

     おもてなし感動

主客一体の「モノ」と「コト 

日本の「おもてなし」にはあらゆる「モノ」を以って、
その主人のもてなす心「コト」を楽しむ、
即ち、主客一体となってお互いに通わせ合い、
それを成すという利他の意味があります。

このもてなしには姿形としてリアルに目に見えるもの「モノ」と、
決して目に映ることのないバーチャルな心や意識を指し示す「コト」とがあります。

その「コト」は歌舞伎の舞台で言うと、
黒子の心」を以って表現する「態度」「言動」を言います。
詰り「コト」とは、もてなす相手やお客様に接する際、もてなされる側の立場で思慮し、
誠心誠意の心、思い遣りの心で、自然なお世話や気配り、気遣いを影の様に行うことです。

大切な人やお客様、触合いもてなす相手に対し敬意を払い、
思い遣りのお世話の心を以って温かく接する「心」は「おもてなし」と
ホスピタリティ」は同様な部分があると思われます。

日本独自の文化「おもてなし」と外来の「ホスピタリティ」の違いは、
この「モノ」と「コト」と共に存在する「行動様式」にあると考えます。

仏教の教えとおもてなし

[見返りを望まず、求めず、無心の「施し」に徹する、それはおもてなしの心]

日本には、古から仏教の教えの「施し」と言われること(文化)があります。
その一つとして、感謝の「ありがとう」「お陰様」の気持ち(心)を行動で表し示す
身近な実践の教えとして、「無財の七施」があります。

その「無財の七施」は、私達の日常生活に於いて、喩えお金や物がなくても
周りの人々に喜びを与えて行け、少しでも喜んで頂ける方法がある、
との教えを表している「利他の心」とも解せます。

この無財の七施の中に房舎施(ぼうしゃせ) と言う施しがあります。
そこに以下のようにあります。【以下仏教より引用】

訪ねてくる人があれば一宿一飯の施しを与え、労をねぎらうということですが、
これは現代では誰にもと言うわけにもいきませんが他者の労を労う心は人としても大切です。
「お疲れ様」「ご苦労さま」「お陰様で」など
ちょっとした言葉ですがすがしい気持ちになるものです。
四国地方にはお遍路さんをもてなす「お接待」という習慣が残っています。
人を家に泊めて差しあげたり、休息の場を提供したりすることは様々な面で大変なことですが、
普段から来客に対して温かくおもてなしをしましょう。
平素から喜んでお迎えできるように家の整理整頓や掃除も心がけたいものです。
また、軒下など風雨をしのぐ所を与えることや、
雨の時に相手に傘を差し掛ける思いやりの行為も房舎施の一つといえるでしょう。
おもてなしの由来にもこのことが記されています。
【以上引用終り】
この他に、「八正道」や「十の徳目」と言われる数々の仏教の教えも関係していると思われます。
このような仏教の教えも「日本のおもてなし」の成立ちに
大きな影響を及ぼしているのではないかと思います。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1834-3febc4ac
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック