#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 人と「向き合う」 (3) 【相談力】

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

相談力】を身に着ける

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

対人相談力

相談とは、対人関係に於いて、
時により大切な意思伝達の技であり、人柄を現す人現力です。
それは、立場転換力を備え持つことで発揮出来る範囲が大きく変わります。
適切な相談力を機能させるためには、自分だけの視点でなく、
出来る限り相手の視点に立つように心掛けると共に、
相手の考え方の基盤や感情の状態を正確に把握し、
最大に理解出来るように心掛け努めることです。

同時にこの相談力に、互いの人間力と心の位置が表れることを確りと自覚認識しておくことです。
それは、対人関係力の一つで職場での職務能力や社会生活での心の育成、成長に大切です。
また、相談力に、共有、共感、共鳴と言ったことに意識の深さが表れることも弁えて置くことです。
この相談力を発揮する為には、相談する側と受ける側が、
互いが感謝と奉仕(施し)と言った相手への「思い遣る心」のキャッチボールに
心掛けながら行わなければなりません。

同時に、仏教の『八正道』と言われる教えにある次のような実践徳目、
正見・正思・正語・正行・正命・正精進・正念・正定】や
十善戒』の教えにある十の戒め
殺生・肘頭・邪婬・妄語・綺語・両舌・悪口・慳貪・瞋恚・邪見
の意識を備えながら相手と向き合うことも相談内容によっては必要です。

相手の為ばかりではなく自分自身の為にも、私利私欲や煩悩など邪心、
相手への猜疑心を抱きながら、相談を受けたり、相談に答えたりすることは
一人の人間として、決して避けなければなりません。

また受ける側は、自分の持つ寛容さ、包容心や優しさが場合によって、相手を甘やかし、
心の成長を妨げる結果になってしまうことを心して相談に応じることです。
同時にその場の雰囲気や感情に呑まれないように心掛け即ち冷静さと平常心も失わないことです
以外と忘れがちなのは、其の時、その場のことばかり重きを置き思考してしまい、

その人や仕事の先々を見据える力である先見力・予測力と言った能力を
自覚認識して相談に応えることです。

相手の現在と今後の為に、何をどのようにすべきか、
その為に何をするかを熟慮し答えることです。


【相談する側の心得】 

1. 相談する内容を、公私の区別を弁える
2. 自らの考えをまとめてから相談する
3. 内容によってT.P.O.を弁えて相談する(場所と時間の選択)
4. 相談をする相手の心身の状態を考えてから相談する
5. 相談することのリスクも前以て思考した上で相談する

6. 結果の如何に関わらず、感謝の伝達を忘れない
7. 利己的にならないよう、自分を指差しながら会話する
8. 相手の気持ちを察知しながら相談する
9. 感情に流されず、平常心に心掛ける
10. 内容によって、適切な相手を選択する

11. 疑問点は、上司・先輩、関係者に相談する
12. 場合によっては、相談し難い相手を選ぶ
13. 疑問点は信頼出来る関係者に相談する
14. 相手の立場を考え、誠心誠意の態度で相談する
15. 意見や意思を順序立て相談する

16. 相手と自分の時間管理を意識した上で相談する
17. 職務上の相談は感情を制御しながらする
18. オープンマインドで相談する
19. 煩悩や感情を自制する
20. 甘えや依存心は出来る限り持たない

21. 相談相手には、口の軽い人は選ばない
22. 相談する相手へ見返りや特別扱いを求め、望まない
23. 相談を相手や自らの技量を探ったり、測ったりする為の手段としない
24. 相談する相手に対し、感謝の気持ちでする
25. 期待した応えが得られなくても相手を恨んだり、軽視したりしない

【相談を受ける側の心得】 

1. 相談内容に合せたT.P.Oを弁える
2. 所要する時間の組立ては余裕を持つ
3. 内容分析を冷静にする
4. 公私の区別をつけ相談にあたる
5. 内容によって守秘義務を確りと自覚する

6. 曖昧な受け答えはしない
7. 真心を以って真剣に答える
8. 即答すべきことか、時間が要するのかを適切に判断する
9. 相手の気持ちを確りと受け止め、心に寄り添うように心掛け応じる
10. 己に置き換え、若し相手ならばどう考え、どうするか、と思考する

11. 冷静さを失わず、相手の気持ちに成り切れるよう努める
12. 相談された側は、その内容を様々な角度を変えて考える
13. 内容によっては、異質な思考の物事の見方があることも教え、説く
14. 出来る限りの選択肢を伝え、選択肢は相手の能力に合わせる
15. 内容によっては、相手を思い遣る寛容さ、厳しさを使分けて答える

16. 答は相手の能力に合わせてまとめ、順序立ててする
17. 相談された側は、質問や相談に思い遣りと立場転換の意識を持ち親切に対応する
18. 出来る限り即答するようにすると共に内容によっては後日伝える
19. 質問や相談内容に思い遣りの意識を持ち親切に対応する
20. 優しさ、包容力とも言える寛大さ、寛容さは必要に応じて発揮する

21. 適切な答えが見つからなくても、自らを卑下したり、責めたりしない
22. 奉仕(施し)の心であたり、相手からの見返りを望んだり、求めたりしない
23. 感情や煩悩をコントロールしてことに当たる(特に異性間)
24. 自らの立場や地位を保身目的で相談者に接しない
25. 相談された後、相談者の見方やこちらの意識を変えない(特に上司)

26. 場合によっては、信頼出来る他の人を紹介する
27. 信頼出来る相手へ、相談者と同行して相談する
28. 相談されたこと、相談相手のことを、適切な時期を踏まえてフォローする
29. 法に触れる相談事には、特に留意して答える(場合によっては結論は控える)
30. 公的専門機関、或は弁護士などに相談するように助言する


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1849-80af748e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック