#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 心の基礎体力「思い遣り」-新

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

思い遣りと心技一体

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

思い遣る心-1

今の日本の社会では、「心技体」のバランスが崩れ、【心磨き・技錬り・体等し】でなく、
個々人の対外、対人関係に於ける「技」や見た目の「体」に重きを置き、
心の育成が軽んじられているといるように思えてなりません。

社会生活の場で、人間の知情意である「心の基礎体力」不足が否めないと思われます。
例えば、思い遣り、誠実、謙虚などと言ったことについての心に関する基礎知識や
その具体的な活動が一体どんなことを言うのかを知らない人が、
表面上のコミュニケーション力のテクニックを学び、
行動していると言ったことにも表れているのではないかと思われます。

それはセミナーや講座もそのような対外的な物が多く人気があることにも表れていると思います。
だからと言って、形や対外的な技やスキルを磨くことを否定しているのではありません。
そのような技と同時に心の知識を学び、心を磨くことを怠らないようにすべきだということです。

現実にその活動をされていらっしゃる方の一例を挙げますと、
多くのベストセラーのビジネス書を世に出されている小倉広氏は、
無償で「一隅を照らす」のメルマガを発行すると共に、その活動の一端として「技」の元となる
「心」の大切さを自らも学ぶ場として 「人間塾」と言う勉強会を一年以上に渡り、主催されていらっしゃいます。
その中で「森信三」、「安岡正篤」、「孔子」、「孟子」、「二宮尊徳」、「西郷隆盛」などの
古の賢人たちの残した著を教材にし、多くの方々と共に、人としての心のあり方などを謙虚に学んでおられます。
私も数回ですが参加をさせて頂き、塾長としての小倉氏の奢りのない謙虚な取組み姿勢と態度、
塾生の皆さんの学ぶ姿勢、その内容にもとても深い感銘を受けました。
その姿はまさしく、「心」と「技」が一つの「体」とする「心技一体」の修得の場であると思いました。
また、小倉氏と共に塾を運営する皆さんの 「思い遣り」の言動や態度にも表れていると感じました。

江戸時代から明治に代わる大政奉還の後、徳川の篤姫が言われた
徳川の世は終わっても、その心はいつまでも残る」の言葉にもあるように、
形ある物はどんなものでもいつの日か崩れてしまいますが、
人としての「」は忘れ去られることなくいつ迄も心に刻まれます。

今迄の人生体験から、「技」に拘らない何気ない自然な姿は、
己の心を育むばかりか人の心に影響を与え 触合う人々の心を動かすと確信します。
改めて技と共に、技の心を学び知ることと同時に、
何事にも屈しない「心の基礎体力」を備えることが今の日本人にとって急務ではないかと思います。

震災復興に向かう中で「」と「」を共に学び身に着けそれを「一体」として
人間関係生かすのは、少子高齢化社会に入った「今でしょ!」。


思い遣りは、「心の礎」!

"思い遣り"全ては「先ず人を想う心」から。
先ず人を想い、その相手を大切にする事は生きていく上でなくてはならない「心」です。
人として生活する家庭、会社などあらゆる場で必要とされます。
大切にすることは人としての「思い遣り」「感謝」「誠実」などの言葉や行動に現れます。
日常生活のマナー、ビジネスマナー、接客マナー、C.S.などの「源」「礎」と言えます。

特に相手を大切に思う「思い遣り」は全ての「マナー」の原点でもあります。
あらゆる「マナー」はどうして必要なのかを考えてみると、其処には相手に対しての
様々な気遣いをするための、目配り、気配り、心配りが基本的な要素となります。
沢山の人との触合いによってこの様な要素の具体的に学ぶことが出来ます。

日々の生活、会社、職場、友人や仲間、お客様から「先ず相手を想う心」や「大切な人」に
関する数多くの学びや様々な知識、体験を得ること出来ます。
この様な目線や意識で生活する事は「幸せを掴む」為の手近な近道と言えるでしょう。

そして、感動や感激を始め様々な感情を味わいながら人は成長して行きます。
マナー」=「思い遣り」は、「先ず人を想う心」を育む原点です。
特にお客様から多くの教えや学び、感動をいただける接客や営業の業界で働く方々には
計り知れない多くのチャンスがあります。

この「先ず人を想う心」に気付くか否かでその人の生き方が大きく変化します。
「本気」で「先ず人を想う心」思い遣りに目を向けてみましょう。
きっと、そこから今迄に味わえなかった新しい世界が開けることでしょう。

思い遣りを届ける大まかなステップは、

第一ステップ⇔お客様(相手)を知る
  相手の心の状態 、体の状態、置かれている状況を知る

第二ステップ⇔お客様(相手)への伝え方を考える
  相手を意識(認識)し伝達方法を思考する

第三ステップ⇔思いを届ける実行(行動)に移す
  思い遣る心は感謝の心、真心で真剣に伝えてこそ活かされます。
どのステップも一所懸命に取組むようにしましょう。

人が健全な社会生活する上で必要とされる『心の基礎体力』である「思い遣り」について、
個々人が人として学び知ることは、上司や育成担当者が教育指導、管理監督する上で、
統一した解説(説明)が出来るようにするためにも役立ちます。


思い遣りの反対語
思い遣りの反対語は、「無関心」です。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1881-500ad9b5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック