#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「認め、認め合う」心と行動

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

総ては、認めるから

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

認め認められ1

人間関係はお互いが自分を「認め認め合う心」ことから始まる
日々の人とのお付き合いや触合いの中で、忘れてはならないのが「認め認め合う」ことです。

円滑な人との関わり、繋がりに欠かせないのが、この「認める」「認め合う」と言う意識と言動です。
また、職場や会社で離職する原因の一つとされていることでもあります。
一昨年の東日本大震災に於いて、多くの被災者の心を勇気づけた要素の一つに、
他人の痛みや苦しみ、苦難を多くの人々が認め、共感したことが挙げられます。

数年前の秋葉原無差別殺傷事件の犯人が
「自分を、認めて欲しかった」と、話していたことが思い出されます。
この犯人のように、社会や人から認められないことにより
〈孤独感〉〈孤立感〉〈劣等感〉〈絶望感〉〈悲壮感〉などの様々なネガティブ要素が生まれ、
様々な悲しい事件や犯罪、いじめ・DVを起こす要因、起因の一つになっているのではないでしょうか。

普段の生活に於いて、皆が「認め、認め合う」ことのキャッチボール、
やり取りをスムースに出来る社会であれば、このような悲しい事件は
もっともっと少なくなると確信します。

日々触合う人を「人」として互いに認め、認め合うことは生きる上で大切な「心の礎」です。
この「認め、認め合う」は、簡単なようですが意外に「難しく」「深い」ことなのです。

おもてなしや総ての人間関係構築、大切な人或はお客様へ思い遣りを伝える上で、
「認め、認め合う」ことの行為なしでは伝えられません。

挨拶をする時に「こんにちは」よりも、「○○さん、こんにちは」と言われると、とても気分が良いです。
通路で従業員がお客様の通る中央の通路を開けるように壁側の端を歩いているのを見ると、
【このお店はお客様を大切な人と捉えているんだな】と自然に感じます。

【相手やお客様、患者さんを立てること】は
「相手を認めることであり、おもてなしの第一歩」です。
相手やお客様、患者さんへお店や会社の姿勢の現れです。

日々、身近なこと、些細なことから「認め、認め合う」ことの癖を付けましょう。
認められている」ことから生れてくる超大な心のエネルギー(感謝・やる気)を得、
生きている喜び、生かされている自覚、素敵な感動を味わうために
「認め、認め合う心」の大切さに気付きましょう。


【認める・認め合う】自己診断

[採点]全く当て嵌まらない=0. 当て嵌まらない=1. 一部当て嵌まる=2.当て嵌まる=3

1.相手の存在を意識していることを言葉や態度、行動で表し示していますか?[  ]
2.心が伝わる挨拶を意識していますか?[  ]
3.相手の心身の状態を察知しながら言動をしていますか?[  ]
4.連絡・報告やレスをきちんと返していますか?[  ]
5.相手の目を見て会話していますか? [  ]

6.相手と同じ目線に立ち会話していますか?[  ]
7.常に心の平静を意識し、感情的にならず冷静沈着に心掛けていますか?[  ]
8.相手の知識、理解能力、心理状態に合わせた会話していますか?[  ]
9.話すことより、聴く(聞く)事に重点を置いていますか?[  ]
10.相手の立場を理解することを意識していますか?[  ]
・・・・など


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1887-c5a60981
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック