#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「心の基礎体力」の講座テキスト№3.

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

心の基礎体力のある人

お薦め度【★★★★】全業種、業態用



心の基礎体力の強い人

スポーツ競技のメダリスト、様々な方面で成功を収めた人達、社会から高い評価を受けている企業人、
国内外のスポーツ界やエンターテナーと言われ芸能界で活躍されている人々などに共通するのは、
強い「心の基礎体力」を保有し、確りとしたビジョンを掲げ、挑戦し続けていることです。

一昨年の東日本大震災や原発事故の被害を受けた多くの被災者の中にもおりましたが、
突然の出来事や災難・苦難を落ち着いて冷静に受け止め、次の行動に移せる人がいました。

このような人に出会うと、
人として必要とされるライフスキルの中の一つとも言えるE.Q(自己認識力)、
即ち、以下のような「心の基礎体力」を保有していると考えられます。
今テレビで話題の「半沢直樹」と言う架空の人物もその一人だと思います。

「自分の苦境や問題は、自らが解決出来る」
「他者に気遣いや心配をかけない(自立心が強い)」
「いつ何時でも心身の姿勢が正しい」
「人としての仁、礼節と義を備え持つ」
「揺るぎない自信と信念を持ち、それを貫ける」

感謝の心とその表現力≒有難い気持ちを持てる」
誠実さ≒真心を以って人に接しられる」(自らをひけらかせない)
「平常心≒平静心・冷静沈着さの保有」
「寛容さ・寛大さ≒忍耐力・許容範囲を弁えている」
「ポジティブシンキングをしている≒前向きな意識の保有」、

「自制心を持つ≒モラルの高さ」
「判断・決断力がある」
「適時適切に自制が出来る」
「様々な誘惑に打ち勝てる」
「様々な煩悩に負けず、克服出来る」

「自分自身の感情を制御、統制する力(自己統制力)を備えている」
「他者を大切にし、思い遣れる優しさ≒利他心の保有」(頼りがいがある)
「人としても社会人としても、強い責任感の保有≒役割の自覚と認識」(義務感≒責任感がある)
「人の痛みを自分自身に置き換えて思考出来る」
「何人、何事にも立場転換意識を以って当たれ行動出来る」

「自らの心を動機付け出来る」
「やる気が漲っている≒頑張れる」
「他者に安心感(安全)を提供出来る」
「苦境に在っても、決して弱さを見せない」
「苦難や障害に対する実行行動力≒実践力がある」
「どんなことにも挫けず、果敢に挑戦し続けるチャレンジ心を持つ」(自らを追い込める)

「自己犠牲心≒奉仕の心とその何気ない発信や目立たない活動が出来る」
「自らの能力を自覚し、足りないことは自分自身で補える」
「自らの可能性を信じ、謙虚に人の意見や思いを受け入れられる」
「ひた向きに物事に打ち込める」
「自らの力を正しく理解認識する」
「自分と向き合うことから逃避せず、自らの心と言動を、振返り指させる力を備えている」

このような人の持つ能力は、以下のE.Q(心の知能指数)の五項目に当て嵌まります。

1.自覚認識力E.Q☞自己認識力
=自分の本当の心(気持ち)を尊重し、夫々の保有能力自己表現伝達力などを自覚認識した上で、自らの意識や心が納得可能な決定や決断を下す能力

2. 自制力(自己規制) E.Q☞自己統制力
=自らの自我や煩悩、自己顕示の衝動を制御し、不安や焦り、怒りなど心のストレスの源(元)になる多様な感情や情緒を制御する能力

3.プラス志向力(ポジティブシンキング) E.Q☞動機付け
=目標(課題)の未達や追求に、こと半ばで挫折などしても決して後ろ向きにならず、
別の方向へ思考を切り替えつつ自らを励まし勇気づける能力

4.思い遣り(洞察・察知力) E.Q☞共感能力
=他者の気持ちや意識を自らが察し、感じ取れる共感共有出来る能力

5.協調性(コミュニケーション力) E.Q☞社会的スキル
=組織や集団の中で調和を保ちながら協力、奉仕し合える様々な社会的な能力

このような能力を、自分自身がどの程度保有しているのか?
これを知ることにより、自分自身の本当の心(気持ち)が良く理解でき、
且つ客観的に自分を捉えて見ること(自らを指差すこと)が出来るようになります。
この自らの心身を動かす力を発揮出来る人、即ち「心の基礎体力」のある人だと感じます。

心の基礎体力」を持つ為には、冷静に自らを指さすことにより「自らの心」を知り、認識し、
その心に見合ったある程度の重みのある負荷や義務意識(≒責務・役割)を自覚すると共に、
足りない「自らの心」を補うための意識付けをすることが必要とされます。
「それでは、自らの心に自分で負荷をかけるにはどうすれば良いのでしょうか?」、

そのためには、日々成すべき仕事(役割)を素直さと誠実な態度で間違いなく淡々と熟すことです。
日々の仕事とか対人関係は、自分の意志や思惑通りに行かないことが殆どです。
ですから、自らの役割を認識して行う仕事は、強い心の体力や免疫を作る為の最も適した
「心のトレーニング≒フィジカルトレーニング」になるのです

この「心の基礎体力」が充分にあれば、何かが自分の身や関わる物事に起こった時も、
自らを信じ、否定せずに生きて行くことが出来るのです。
「心の基礎体力」とは、人としての心の器を形成する源(元点・原点)とも言える知情意です。
このような自らの心身を動かす力を発揮出来る人、即ち「心の基礎体力」のある人と考えます。
前以て「心の基礎体力」がどんなことかを知って弁えておくだけでも社会で生き抜き、
心豊かで幸せな生活を送るためにも役立ちます。
この「心の基礎体力」を知り身に着けるためには、実社会に出る前の知識として学び知って置くか、

また、社会に出てからは知識として学びつつ、
自分自身の生活の中で体験と照らし合わせながら日々修得することが出来ます。
この「心の基礎体力」を知り身に着ける為には、先ず人の心も言える、
思い遣り誠実謙虚立場転換感謝、奉仕、礼節、寛容さなどが
どんなことなのかを具体的に学び知識として身に着けることからスタートしなければなりません。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1890-10e65971
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック