接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  日本の「おもてなし」とホスピタリティの「おもてなし」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

おもてなしの語彙

お薦め度【★★★★】全業種、業態用
おもてなし・日本とH

ホスピタリティ」は、「思いやり」「心からのおもてなし」という意味です。
特にサービス業や人に関わる企業でよく使われている言葉です。

態度や行動で示す「マナーの所作」と言われる形は、
相手に不快感を与えないための最低限のルールです。
そこに「心」が加わると、ホスピタリティになるのです。
それは、相手の心に深い心地良さが加わることで、感動、信頼や信用、安心感が生まれます。

一方、ホスピタリティの語源は、ラテン語のHospice(客人等の保護)です。
それが英語のHospital(病院)Hospice(ホスピス)と色々な言葉に発展したのです。
これらは対価を求めているのではなく、
おもてなしや喜びを与えることに重きをおいている点が大きくサービスと異なります。

ホスピタリティに重視されるのは、対価や報酬を求めての行動でなく、
人間性やアイデンティテーなどです。
おもてなしや心の中に起こる様々な喜びを通して、
結果として対価や報酬が支払われるということです。

このホスピタリティは、遠くから来た旅人を身分の上下なく温かく迎え入れることを表わすことで、
日本のおもてなしの起源と類似しております。 
では、「日本のおもてなし」とホスピタリティとの違いは、どう言ったことなのでしょうか?

「日本のおもてなし」

日本のおもてなしは、お客様をお迎えする行動とその心構えを言います。
主客一体の心で、お客様や相手に心から敬意を払い、それを行動で表すことです。 
日本の文化「おもてなし」は、茶道から由来しています。
客人に敬意を払い、温かく接する「」は「おもてなし」とホスピタリティは同様なものです。 

大きな違いは、その「行動様式」あります。
ホスピタリティの客人へのお世話(保護)ですが、日本の「おもてなし」は「主客一体」を元とし、
その「心」を建物や庭、家具、食器、インテリア、お料理、客に接する人の立ち居振る舞い、
音楽、踊りなど、全てに表現されています。
何気なく飾られているお花、花瓶、掛け軸、お香にいたるまで、
日本の伝統文化(茶道、華道、香道、礼法、書院造という建築・・・)
の粋が込められております。

日本のおもてなし」は、茶道が発祥とされ日本ならではの独自の文化です。
日本人独特の持つきめ細やかな思いやり心と伝統文化が融合して創り出されたものです。
この日本のおもてなしの「心」は、相手や物を思いやり、慈しむ心であると言えます。
例えば「名もなき花」と言わずに、「名も知らぬ花」と日本人は表現します。
それは日本人の持合わせている優しさで、常に相対する人、ものに寄せる思いやりの心です。


(参考)サービスの語彙
サービスの語源は、ラテン語のSerous(奴隷)です。
それが、英語のSlake(奴隷)Servant(召使い)という言葉から発展しました。
サービスは語源の通り、サービスを受ける立場が主であって、サービスを提供する方は従ということで、
主従関係がはっきりしていると言えます。
即ち、サービスは「奴隷」の語源の通り、サービスを受ける側、即ちお客様が主であり、
お客様に接客しサービスを提供する側が従となり対価や報酬が発生します。
無料サービス、〇〇割サービス、タイムサービスなどがこの語彙を表わしています。
また、主を柱に捉えて行動すると言う意味では、日本の「黒子」に類似しています。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1900-07f0de1b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック