#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 人間力と魅力の原点

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

「学び、修める」

謙虚に学び・修める

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

皆さんは、以下の4つの項目に優先順位を付けるとしたら、どんな順で付けられますか?

A.外面的な自分磨き(身体・持物)
B.テクニック(技)・対人関係の知識と技
C.資格スキル・習い事
D.心磨き(心を知る学び)・感性磨き

また<四択しなさい、と言われたらどれを選びますか?

共に正しい答はないと思います。

何故なら、人それぞれ資質が違うからです。
どれから取組んでも、この四つがあることを自覚認識出来ているならよいと思います。

さて、話は変わりますが、以前とある会社で、数か月間に顔つきが変わり、
仕事も前向きに取組む人に出会いました。

会食時に何気なく「最近どう?」と訊ねてみました。
彼は、「半年ほど前、人生の師に巡り合えました」と
答えて、嬉しそうにこう言いました。

「沢山のビジネス書や偉人や先人の本を多く読んで得られたのは、 
 結局書いたその本人だからこそ、出来たことが多いと思いました。
その中の何か本に、
己を知り、その自分自身を認めなければ、何を学んでも身に付かない
と言う文言がありました。

自分の器に合った学びから始めろと言うことだと受け止め、
本当の自分に合った学びをしなければ
何にもならないと気付きました。
そんなことで今迄して来た、セミナーな習い事を思い切って全部止め、
自分の本来の姿を知るための学びだけに絞り、今でも通い続けています。」

この彼の話、別れてから、しばし考えさせられました。
そして、素晴らしい話を聴けたことに感謝するだけでなく
自分自身に置き換えて考え、色々なことに気付きました。

このようなことも、現在の自分自身の心の礎になっています。

茶道や花道、武道その他の習い事の殆どは「形」から入ります。
そこから様々な心に気付き、自分の心として身に着けられます。

では、人生道はどうでしょうか?

人として生き歩む道を指し示している仏教なども在ります。
心の道を学ぶことは、人が生きて存在する限り続くと思います。

「参考にします」と言ったり、記したりする自分中心に表現する人
「学びになります」と言い、他者に対して謙虚な人がいます。
よく本当に謙虚な人は、心が豊かに成れると言われます。

どうして、でしょうか?

それを消化し血肉とし、
余分なものは排泄してしまうことが出来る能力を備えているのです。

その結果、心が豊かになれ、心の体力が付くのだと解します。
今迄の体験からこのようなことに気付きました。

でも、このように記したことを己が出来ているかと、問われたら【否】と答えます。
残り少ない人生、そのチャレンジもして行きたいと思います。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1908-44d0e887
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック