接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  日本のおもてなしの「原点」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

天皇の御心「直き心

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

にほんのこころ1

」と「」の旁「直き心

」と「」の文字の組立の本来の原義を色々と調べその旁は「直き心」であると知りました。
辞書によると「」の語は、立派な品性や立派な人格。恵む。有り難く思う。もうけ。と在ります。
漢和辞典『新字源』に、「」は旧字体として<德>、異体字(古字)として≪悳≫が載っています。
」の旧字の「德」の字は、その前身が「彳」と「悳」により形成された「憄」という字とされる。
「直」と「心」をタテに重ねた「直き心」の「悳」の字を[とく]と読みます。
「悳」に「行なう」の意を持つ「彳」が加わって「」という字が生まれました。 

直き心」は、真理を愛する心で、直は「すなお」の意で、正直・実直・率直・撲直などで、
直往邁進(チョクオウマイシン)して「義」の為に、「勇」を奮うのも「直」とされている
と何かの書に記されていました。

このような直く、正しい心とその心眼を備え持った人は、その行いに陰日向(裏表)がありません。
その行為は、常に公明正大で、人の見知ると見知らぬ、とによって表裏のないのです。

あくまで推測の域を超えませんが、直近の人気ドラマ「半沢直樹」の「直樹」名前は、
この「直き心」からに依るものかも知れません。


徳は本(もと)なり、先ず徳を積むことに努める

日本文明の[国柄探訪][日本思想][皇室の祈り]に、
この「直き心」について以下のような記載がありました。


「直き心」 
[以下「国柄探訪][日本思想][皇室の祈り」より抜粋転載] 

国家を「和らげ調え」るためには、国民一人ひとりが「直(なお)き心」を持たなくてはならない。
他人を押しのけても自分だけ豊かになりたい、とか、競争に勝つためには手段を選ばない、
というようなとげとげしい心では、社会の波風はおさまらない。

自分のことよりも周囲の人々への思いやりを大切にする、とか、多少遠回りになっても正しい道を
歩んで行こう、という心持ちを多くの国民が持つ時に、国は「和らげ調え」られる。
このように国内を「和らげ調えてしろしめす」ために、
天皇は国民の安寧をひたすらに祈る「直き心」の体現者でなければならない、
というのが、皇室の伝統であった。

古から天皇の持つ「直き心」を「大御心」と呼んだ。
昭和20年9月27日、昭和天皇は占領軍司令官ダグラス・マッカーサーと会見し、
「私は、日本の戦争遂行に伴ういかなることにも、
また事件にも全責任をとります」と述べた上で、こう語られた。

「戦争の結果現在国民は飢餓に瀕している。
 このままでは罪のない国民に多数の餓死者が出るおそれがあるから、
 米国に是非食糧援助をお願いしたい。
 ここに皇室財産の有価証券類をまとめて持参したので、
 その費用の一部に充てて頂ければ仕合せである。」

「奥村元外務次官談話記録より」

これを聞いたマッカーサーは、次のように反応したという。
それまで姿勢を変えなかった元帥が、やおら立上って陛下の前に進み、
抱きつかんばかりにして御手を握り、「私は初めて神の如き帝王を見た」と述べて、
陛下のお帰りの時は、元帥自ら出口までお見送りの礼をとったのである。
昭和天皇の「直き心」は、マッカーサーの心を揺り動かしたのである。 

[以上抜粋転載終り]

昨年平成天皇が、60年ぶりに訪英された際、
話題となり知らされた「強き人格には、先ず人を思う」の御言葉も、
この「直き心」が脈打っていると思われます。
そしてこの「直き心」は、現在の少子高齢化社会、震災復興、
オリンピックで世界中の多くの方々への「おもてなし」の為にも、
私達日本人が身に着けなければならない「和の心」でもあると思います。


【八田修一・奇跡の言霊ブログ】に
以下のような記事がありましたので抜粋転載致します。

[以下八田修一・奇跡の言霊ブログより引用]

あの震災で亡くなられた方は、
本来、日本人が等しく受くるべき苦難に“代受苦者”となって身を捧げられた。
生き残った被災者はいま、中央での利権漁りや左翼イデオロギー押しつけの二次被害に遭っている。

こんな巫山戯た事態を、果たして天は許すだろうか。
我々日本人には明るい未来が用意されている。
だがその前に、未曾有の艱難が待ち構えている。
“自分さえよければ”の時代が、完全に終わる。
準備と覚悟をしておいてほしい。

“ますらをぶり”を鼓吹した国学者・歌人の賀茂真淵(1697~1769)の言葉を引きたい。

『つらぬくに、高き直き心をもてす。
 かつ、その高き中にみやびあり、
 なほき中に、をゝしきこゝろはあるなり。』

誰かのために、働きたい。大切なものを守るために、自分の命を使いたい。
高貴なる精神。後ろ暗いところのない、正直一貫の境地。凛々たる勇気。
そんな気持ちを忘れずに。
[以上引用終り]


今私達日本人ひとり一人に必要なのは、
まさしくこのような「直き心」を持つことだと思います。
 

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1919-9d7e3e06
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック