#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「気」と「心」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

遣い遣いの違い

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

気と心

配り配り配り、手配り、身配り配り遣い遣い働きは、
日常の人との触合いは勿論、人の付加価値が大切な、おもてなし接客接遇に欠かせません。
或る時に、日本料理店で接客の仕事をしている方から、

遣い遣いの違いは何ですか?』と、質問されました。

「それは<>と≪≫の持つ意味を知ることです。
<心>は、言うまでもなく、人として誰もが持っている心、即ちその人全てを現すものです。
≫は、元気などの生命力、勢いの意味を持つ一方、気持ち、気分、意思と
言った精神的な用い方、その場や場面の環境、状態、状況、居心地、雰囲気を意味する時に用いられます。
その他に精神的な面で、気にする、気になる、気が散る、気に障るなどのように使われます。」
と答えました。
この問いは、お客様に接客し、もてなす上での心得としてとても重要な質問だと感じました。

また、接客やおもてなしの場に限らず、毎日何気なく使っている≪≫を
含んだ言葉の持つ意味を知っておくことは、普段の人との触合いや大切な人との
人間関係や繋がりにとても大事なことなのです。
(参考)

以下、気配り、気遣い、気働きの気を含んだ言葉と心遣いについて、
大辞泉の解説に私見を交えて載せておきます。

【気配り】
 あれこれ気を使うこと。手抜かりがないように注意すること。心づかい。配慮。
[類似語] 
 ・目配り・配慮・心遣い・気遣い・恩顧・留意・ケア・デリカシー・細やか・濃やか・気を配る・関心

【気遣い】
1 あれこれと気をつかうこと。心づかい。心遣い。「どうぞお心遣いなく」
2 よくないことが起こるおそれ。懸念。「情報が漏れる気遣いはない」
[類似語]心配・不安・心遣い・親切・注意・洞察・配慮

【気働き】
気が利くこと。機転。
[類似語]・気遣い・機転・機知・親切・目配り・料簡(リョウケン)

【心遣い】
1 あれこれと気を配ること。
2 物事がうまくいくように気をつかうこと。心配り。配慮。
3 祝儀。心付け

[類似語]注意深い・心・配慮・親切・優しい・面倒をみる

※気は「元気」などの生命力、勢いの意味を持つ一方、気持ち、気分、意思と言った精神的な
 用い方、その場や場面の環境、状態、状況、居心地、雰囲気を意味する時に用いられます。
 精神的な面で、気にする、気になる、気が散る、気に障るなどのように使われることもあります。
 また、諺にある「病は気から」の「気」は、本来中国哲学の気に由来していますが、
 「気分」「元気」の意味に解され、誤った使われ方をされている場合があります。


【以下学びメモより引用】
(1)気は空気状のもので、天地の間に遍満して流動変化すると共に、
  人の身体の中にも満ちていると考えた。
(2)気は天地万物を形成し、かつ気が生命力、活動力の根源であって、
  人の身体的、精神的諸機能もすべて気から生ずると考えた。
(3)陰(いん)なる気と陽(よう)なる気、あるいは五行(ごぎょう)
 (木火土金水)の気という2種類または5種類の気を考え、
  この多様な気の配合、循環などによって事物の異同や生成、変化を説明した。
(4)これらの多様な気の本(もと)となる根源の一気を考えてそれを元気(げんき)と称し、
  元気による万物の生成を説いた。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1927-f7db7ffc
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック