接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  【挨拶とレスポンス】の当たり前

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

認める心の表れ

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

認める心

挨拶レスポンスに「認める心」が表れる。

円滑な人との関わり、繋がりに欠かせないのが、
先ず人を認めると言う意識と態度、言動です。
それは、対面、非対面に関わらず「挨拶」や、
メール、SNSの「メッセージ」に表れます。
例えば、対面時挨拶をしても「無視」された「糠に釘」の態度、
心無い挨拶、SNSツールで何らかの答が欲しくてメッセージを入れ
既読の表示がされているのに何のレスもないことが間々あります。

最近話題になっている子供の「いじめ」も、
一つは「認めず無視」することが原因で起きています。

喩え、そのような方と友達になったりしても心にわだかまりが残り、
決して御縁を育むことも出来ず、お付合いも長続きしません。

このような行動や態度をとるのは、

• 公私ともに忙しいのか、
• 面倒くさいのか、
• 相手にしたくないのか、
• 人としても言動も認めたくないのか、
• 良い人でいたいのか、
• 人の思惑が気になるのか、
• 相手を軽視しているのか、
• 自己保身なのか、
• 親しくなる必要がないのか、
• 情けをかけたくないのか、
• 断る勇気がなく、断ると不安だから、
• 後々義務や責任を負うのが嫌だから、
• 無視(シカと)することが恰好良いから、


と言ったことから、挨拶やレスをしないのではないかと推測します。
即ち、利己の表れそのものであると同時に
何らかの見返りを心のどこかで求めている結果だと考えられます。

これからの少子高齢化社会、雇用不安が拭えない社会環境、
個の意識の高まりに依る引きこもり、人としてあるまじき犯罪やいじめ、
ハラスメント、孤立死や孤立による自殺者の増加、
このようなことの起因は保身が優先し「認める」意識の欠如にあると思われます。

特に、上に立っている方、先生方、経営者の方々は、
この「認める」ことの自覚と認識を強く持つべきだと
現在まで数えきれない多くの経営者や指導管理者に出合った体験から感じます。

結論として、この「認める」と言う言動や態度、意識は、
思いやり」「利他心」の表れであり、それは「情けは人のためならず」、
或は「因果応報」に繋がると思います。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1929-e0a7a890
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック