接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  人間力=「にんげん力」(1)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

にんげん力(1) 

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

人元力

漢字の「人間」の元となる要素のことを、ひらがなの「にんげん」と捉え、
人間の保有能力』の知情意を、私見ながら以下の四つにまとめて「にんげん力」と定義します。

日々色々な人との触合いのある社会生活勿論のこと、おもてなし、接客サービスや接遇の場に
無くてはならない「にんげん力」を学び知り、知識として確りと認識し、生きるための知恵として生活に、
生かすことは、「人として生きる」ため、また「社会や企業の成長」に繋がり、必ず役立ちます。


人元力

1.人元力
生きる為に必要な「磨かれた五感」と「豊かな感性」(第六感)が人としての【元】(根本)と捉える。
この人元力には、リアル(real)なものとして感じることと、
アンリアル(unreal)≒virtualなものとして感じることがあります。
五感(五官)=味覚・臭覚・触覚・聴覚・視覚+六感。

人限力 

 霊長類と言われる人間だけが限られて保有している感性を言う。
 仏教で言う六根・六境と六識
 六根-眼(げん)=六境-色(しき)
 六根-耳(に)=六境-声(しょう)
 六根-鼻(び)=六境-香(こう)
 六根-舌(ぜつ)=六境-味(み)
 六根-身(しん)=六境-触(そく)
 六根-意(い)=六境-法(ほう)
 六識は、以下の人の持つ夫々の器官から生じる感性を指す。
 眼識(げんしき)/耳識(にしき)/鼻識(びしき)/舌識(ぜっしき)/身識(しんしき)
上記の五識をまとまり生じるものを意識(いしき)。
五感を磨くとは、六根六境により、心の中の意識として生まれる夫々の精度を上げることです。

人眼力 

 ※人眼力=人を見る(診る・覧る・観る・看る・視る)目や能力・眼力を称した自作の語句です。
 いかに他人と違う人眼力を持ち、それによって異なった捉え方や動きが出来るかが勝負
 
 【眼力】目で物を見る力。視力。ガンリョク。物事の善悪・真偽・成否などを見抜く能力。
 人や物事を理解する気持ち 理解のあること

 【眼識】ある状況を深く、明解に見抜く力。良い認識。
    類語として、識見・見識・看破する力・洞察力・読・活眼があります。

眼識、洞察力を備えている人には、人としての目利きの力のある人、具眼(ぐがん)の士、
慧眼の持ち主、人を見抜く眼力の持ち主、見巧者、美術品などの鑑定士、お宝の鑑定人、
眼力がある人、〇〇の名人、名伯楽、新人発掘の達人、目や口などが肥えている人、
鑑識眼や鑑賞力のある人、人や物事を見る目が高い人、優れた目利きの出来る人、
確かな評価能力を備えている人、プロと言われる人、グルメ・舌が肥える人、感覚が豊かな人など。

*正見=正しい見解・正しい見方をすることの出来る人。

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1936-d8bcf3f4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック