接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  己の器と「向き合う」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

スキルテクニックの至上主義

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

スキル・所作

最近、イベントやセミナーのお誘いも沢山頂きます。
そのような中で、第一印象(メラービアンの法則)、モテ仕草、ビジネステクニックなどの人気があるようです。

また、最近指導的立場の方々にお逢いする機会が多くなりました。
そのようなことから感じ取ったことについて書いてみます。
人間、一人ひとりの個性と、夫々に大小の器があります。
個々人の個性、資質に見合ったテクニックや仕草、スキルを教えることが何よりも大切です。

誰もが、同一の指導方法ではその人にマッチしたものは決して身に付きません。
と、同時には、3原(原義原則原理)の元に教えてこそ身に付くものです。
「人作って魂入れず」の如く、だけを教えたのでは
直ぐに、本人の中身(器)に合っていないことがバレ、失望に繋がり
その結果、その人への不信感となってしまい、
折角作った人間関係も崩れてしまいます。
何事も、無理して作ったり、身に着けたりしたものは直ぐに壊れてしまいます。

例えば、「挨拶はこうしてするのです」と教えるより
挨拶は、押し開き迫ると言う原義があるから、こうすると良いのです
原義原則を踏まえて教えた方がいつまでも目的が明確になり心に残ります。

同時に、その人の個性(器)に合った指導方法が求められます。
原義原則を認識させた上で、所作はその人の資質(器)に合わせて
教えてこそ始めて生かされるものです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1942-bf80dfe7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック