#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 人現力=言葉と態度

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

言葉と態度に心が表れる

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

言葉5

人の「心」と「心の位置」が言葉と態度に表れる

言葉使い(ニュアンスの大切さ)
言葉から受けるニュアンスの持つ意味を予め知っておくことも大切な人への思い遣りです。
心の篭った言葉と態度、行動が伴ってこそ、相手の心に感動や素敵な余韻を残します。

言葉使いの辞書解説も引用します。(goo辞書より)
1 言葉などの微妙な意味合い。また、言外に表された話し手の意図。「発言の―を汲む」
2 色彩・音色などの微妙な差異。「細かいグラデーションで―を出す」


言葉遣いや会話から察知出来ること
話し方、言葉の使い方から、相手の心身の健康状態、心のホジションが察知出来る。
挨拶時、会話時の言葉から察知する。
相手の自分への意識が察知出来る(解る)

イ) 心と身体の身嗜み 
心と体の健康状態や自分に対する心の姿勢態度、声の大小、スピート(勢い)、強弱など相手への言葉の使い方、伝え方に微妙に影響し現れる。

ロ)取組意欲・姿勢態度
相手の状況を察知し、積極的に行動しようとする心(意欲)の表れが、言葉や態度に反映する。
(例)
☆ 約束事や約束した時間は守る
※「時間」は、触合う相手や大切な人を思う「思い遣る心」の【ものさし】であると同時に、
 人としての「真摯さ」「誠実さ」を計れる【ものさし】のひとつ。
☆ 言葉の選択、口調に表れる。
☆ 会話時の傾聴姿勢に心や意識が表れる。
☆ 挨拶の言葉や態度に表れる。
☆ 目付き(眼力)に現れる。
☆ 顎の角度に現れる。
☆ 五感を集中し、全身で傾聴する。(真摯で謙虚な姿勢と態度に表れる)
☆ 座り方の浅い深いに、相手への心の位置が現れる。
☆ 腕組みは、自分を振返り指差す為、自己防衛や相手との遮断、己の心を守るため。
☆ 足組みに自己顕示、相手への心の位置が現れる。
☆ 手先、足先(膝)を揃えて会話する。
☆ 特に目上の方に対しては、先に着席しない。
☆ 貧乏ゆすりは、相手に不快感を与える。

ハ)信念とプライド
言葉の使い方と口調に、心と生き様、仕事に対する取組姿勢や信念、自信とプライド(誇り)が出る。

ニ)協調性
周囲の人々やお客様への思い遣り≒協調性(触れ合い)が微妙に出る。

ホ)自己主張・顕示
文や会話時の「が=我」と「わ=輪・和」の言葉の使い方に、相手への心の位置が表れる。
  「私は(輪・和)・・・・・と思う」≒利他
  「私が(我)・・・・・と思う」≒利己

ヘ)教養度・信頼度(≒常識・モラル)
マナー「思い遣りの形」が本物か、信頼出来る人かと言ったことが言葉や所作から読み取れる。

ト)個性
本人のアイデンティティーやパーソナリティ、人格形成の度合いが滲み出る。
日々触合う人、お客様や大切な人への、言葉と態度に、様々なニュアンスを与えます。

チ)使うことを避けたい言葉(目上や年長者の方)
「そうかも」又は「かも知れない」(≒自分主体)は不可
「考えておきます」(≒自分主体) は不可
「してあげる」(≒自分主体) は不可
「そうですかね~」(≒自分主体) は不可
「参考にします」(≒自利・利己・上目線)の言葉は決して使わない
「本物ですね」(≒目上や年長者に自己規準は不適切)
※曖昧な言葉遣いは無礼であり、不信の元に成ると常に自覚する
※公、仕事(ON)とプライベート(OFF)のけじめをつけて言葉を選び会話する(≒態度も重要)
参考) 電話の不在着信・メールのレスポンス
返す時間に、意識や心が表れる
電話への不在着信・メールのレスは、後回しにせず、出来る限り早くひと言でも返す。
(レスポンスに一分の時間を作ることは、信用を作るor心の意識の位置が解る=察知出る)


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1947-b5cce75d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック