接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「当たり前」(常識)を「五原」で見直す

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

常識当たり前を「五原」で見直す

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

向き合う-1
 
現在の日本の社会は、有り余る物が溢れ、価格競争が一段と激しさを増し、
また商品や店舗などに関わる欲しい知識や溢れるばかりの様々な情報が簡単に手に入ります。

このような社会の状況と一昨年の東日本大震災の復興やこれからの少子高齢化社会、
2050年問題として世界から注目されている「ジャパンシンドローム」や
経済不安などの環境に置かれている私達日本人にとって、今後の厳しい社会環境を生き抜き、
日本のアイデンテティをより強いものにして行くには、
当然ながら『モノ』である商品のクオリティアップ、ブランディングは必要ですが、
「モノ」をどう使うかと言ったことやそれを使う人の心を表わす『コト』、
即ち付加価値と知恵を使った日本独自の「おもてなし」で他国と差別化を図らないと考えます。
同時に「クールジャパン」と称される日本独自の文化を世界に発信して行く必要があると思います。
最近は、日本独自の文化である「おもてなしの再認識とホスピタリティの「おもてなし」に
対する意識や表現法などの取組みが注目を浴びております。

そこで、おもてなしや接客・接遇ばかりか会社や職場(店舗含)での様々な「当たり前」や常識を、
以下の≪五原≫で見直し、改めるべき点は改め、不足している処や知識を補うことをお薦めします。
これで見直すことで個人的にも、会社や職場でもきっと数々の気付きに繋げられると思います。

五原≫の要素と夫々の持つ意味

一.「原義」=その言葉が本来持っていた意味。元の意味。原意=もとの意味。本来の意味。

二.「原点」=物事を考えるときの出発点。(用例)原点回帰
      =自分が原点であると思った場所に帰ること。初心に戻ること。

三.「原則」(≒法則)=多くの場合に共通に適用される基本的な決り。
      =顧客やクライアントの立場に立ち顧客目線・顧客意識で見たり考えたりすること。

四.「原理」=事物・事象が依拠する根本法則。基本法則。
      =様々な不の要素を引き起こすメカニズムや製造・販売条件、製造・販売環境などの
       多角的に機能を知り認識すること。

五.「原因」=ある物事や、ある状態・変化を引き起こす元になること。また、その事柄。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1958-a6ff9253
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック