接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  現代社会は「8W5H」で考える

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

仕事やプランは「8W5H」で

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

="480" height="480" />

報告業務、思考・プランや物事が5W1Hや6W3Hだけでは整理出来ない日本の社会環境です。
そこで、様々なことに対処出来、思考をする為に必要とされるのが「8W5H」であると考えます。

5W1H 
 When/Where/Who/What/Who/How
 (何時、何処で、誰が、何を、何故、どのように)

6W3H

 When/Where/Who/Whom/What/Who
 How to/How Match/How long
(何時、何処で、誰が、誰に、何を、何故、どのように、どのような予算で=労力、どのような期間)

8W5H

 When/Where/Who/Whom/Whose/What/Which/
 How to/How Match/How many/How long/How result(Wonderful)
 (何時、何処で、誰が、誰(何)を選択し、誰と一緒に(何を使い)、誰に、何を、何故、どのように、
  どのような予算で=いくらで・労力で、数量で=どれだけ・どれだけ多くの、どのような期間で、
  どのような結果=成果・良績)

※場合によってはHow result(Wonderful)を省き【8W4H】として活用します。

以下、それぞれを分けて記しました。
①When  (何時)
②Where (何処で)
③Who   (誰が)
④Which (誰=何を選択)
⑤Whom (誰に)
⑥Whose  (誰と一緒に=何を使い)
⑦What  (何を)
⑧Why   (何故)

①How to  (どのように)  
②How many (どれだけ=数量)  
③How much (いくら=金額)
④How long (どのような期間で・何時迄に)
⑤How result or How Wonderful (どのような結果=成果・良績)


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1965-7176ab75
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック