#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 感性を育む

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

感性を養い、育む

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

感性を育む

(昨日の記事の続きです。)

古より、日本には四季のある美しい自然、伝統文化と称される素晴らしい美術品や建造物、
歴史のある様々な特産品、花道茶道などの独自の文化があります。
このような自然や美しい「モノ」を美しいと感じる「コト」が出来るのは、人だけです。
特に日本人は控えめな心、物事を慈しむ心、侘び寂びの心と言った豊かな感性を備え持ち、
更にその感性を磨くことでおもてなしを始めとした文化を独自の感性で創って来ました。

最近では、おもてなしやコスプレ、ファッションなど「クールジャパン」と
言われ世界の国々から注目されている日本独自の文化や芸術、製品もあります。

私達は、美しいものを、実際に見たり触れたり味わったりすることで、感性を磨けます。
心の(精神)状態や意識が不安定で優れない時には、その感性は鈍ってしまいます。
また同じ日本人であっても、心が沈み荒んでいる時は、自然や物事の美しさを感じません。
私達の住む日本には、美しい自然・四季、美しい心、美しい立ち振る舞い、美しい物、
美しい美術品・建造物、美しい絵や芸術(アート)、美しい話などなど。
自然にこのような美しいと感じる自らの感性を磨く為にも、美しさを味わい触れる時は
その瞬間の美しさ、その物の素晴らしさを心全体で感じ受け止めたいものです。

私達現代の日本人は、豊かな国にする為に物づくりに力を注ぎ、物質的な豊かさを追求し、
「経済的豊かさ」が幸せであると考え、「便利な物」「快適な生活」ばかりを追い求めて、
その環境で生活する大切な人の心を見失いがちになっているように思われます。

このことを私達日本人に警鐘させたのが、昨年に起きた東日本大震災であり、
それに伴う原発事故による被害・災害ではないでしょうか。
このようなことは、当たり前になっている生活環境の在り方、格差社会、
無縁社会と言った様々なことを改めて見直さなければならない
日本の【ターニングポイント】であるではないかと思います。

ひとり一人が豊かな感性を磨き持つことは、
豊かな心と潤いのある人間関係を育む原点であり、
幸せを掴むためにもとても大切なことなのです。
そして、人との触合いの場で豊かな感性を育む≪源≫は、【思いやる心】です。

【感性を育む方法】

☞感性の語彙を知る

☞感性を磨き育むことの目的を知る

☞自分の持つ感性とその能力の大小を知る。

☞自分に必要とされる様々な感性を選択し、育み磨く。

☞自己表現の手法を学び、知り、実行に移す。

☞様々な【心の要素】の修得に努め、自らの心を育む


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1971-4bd31abb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック