接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  仏教「十の徳目」は日本人の原点!

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

心を養い育む「十徳」

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

心の原点

日本人の心の原点とも言える仏教十の徳目をまとめてみました。

・・。人を思いやる心。慈しみ。最高の徳
   身近な家族→親戚→社会 と、近くから遠くへと秩序立てて広める。

・・正を貫く心。善悪、正邪、真偽。人道に従うこと、道理にかなうこと。
   を広める形。親への孝、兄や年長者への悌、君主への忠、社会には。これが道・正

・・敬意を表す心。社会秩序を保つための生活規範、儀式、儀、作法、節。
   を学ぶことが、学。儀を身につけた人を、学のある人という。
   を実行して社会から頼される人、そんな人が、学のある人

・・正しい判断を下せる能力。正しく豊富な知識と経験、洞察力が加わったものが慧。

・・心の中に偽りがないこと、主君に専心尽くそうとする真心。

・・頼する心。言葉で嘘を言わないこと、相手の言葉をまことと受けて疑わないこと。

・・親や先祖を大切にする心。想いはかること、工夫をめぐらすこと。親孝行すること。

・・兄弟仲がいいこと。

・・は二種に分けられる。
   一つは、他者からの迫害や侮辱あるいは自然災害や病気などによってもたらされる
   苦難に対して堪え忍んで怒らず、動揺しないこと。
   これは布施などとともに、福徳としての重要な善行と考えられている。
   もう一つは、「無常」、「無我」、「空」、「縁起」などで表現される
   仏教の真理において心が堪え忍ぶこと、即ち真理に対して不動で安定している。
   慧としての忍によってこそ、あらゆる苦難を忍ぶことができる。

畏れ・・(オソレ)を仏教では五怖畏(ゴフイ)と示します。
    不活畏、悪名(アクミョウ)畏、悪道畏、死畏、大衆威徳(ダイシュウイトク)畏で、
    人間が生きていく中での五つの畏れです。私達は健康で長生きしたいという、
    生を肯定した日々の生活ですが同時にその生の肯定には生の不確かさ不安を抱えています。
    詰り死に向かっての日常生活の中で現れてくる不安、畏れです。

※この一つひとつを学び、仕事や実生活に生かすことはとても大切です。

    ブログパーツ

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1979-6ae3ebc9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック