#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 自利を優先するか?先ず利他を考えるか?

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

謙虚さアピール

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

与えよ・自利利他

私は、フェイブック(F.B.)を使い始めて2年余り経ちました。
先日会社や人を育くむ素晴らしい仕事をされている会社の社員から、
フェイスブック(F.B.)で友達リクエストが御座いました。
翌日には、F.B.2つの自社サイトへ「いいね」を押すように依頼がありました。
今迄、数多くの方々とご縁をF.B.で頂きましたが、
今回ように、まだ御縁の浅い方から何のメッセージもなく、

私どもの投稿に「いいね」も押さず一方的に依頼されるのは、初めての貴重な経験です。
F.B.では、一般の方でも、友達リクエストする時、又は友達承認を相手から頂いたら、
メッセージで何らかの挨拶をするのは、社会人として当たり前のマナーだと考えます。

その翌日、F.B.を使っている本人にこちらから電話をし、
その旨を諭すように伝えましたら言い訳ばかりで、
自分の否を全く認めようとせず、自己保身や自社アピールばかり話されました。

歴史のある人財育成の会社に勤務し、告知や顧客獲得に従事している
自らの職務遂行時の役目と役割の重さを自覚出来ていないと感じました。

このような態度は、長年築き上げてきた会社の信頼を失うばかりか
其の本人の将来の為にもならないと考え、友達から削除しました。

このことは、最近人との触合いをする上で心掛けている
認め、褒め、許し、見守ることばかりが「思いやり」ではなく、
相手からのこちらへの思惑など気にせず、その相手の人のために、
後々のことを考え会社の一員としての役割の重さを自覚させ、
時に、拒否し、突き放し、勇め、無視することも「思いやり
だと言うことを改めて再確認できました。

このような貴重な体験を通して感とったことは、
上記のような言動をした人や会社への批評や批難ではなく、
自己保身(自社中心)の思考や活動の重さ、
奢り高ぶる姿勢の怖さを身を以って実感出来たことです。

言い換えるなら、遜り受容する謙虚さの大切さと情報社会に於ける
アピール活動の程度は人や会社組織にとって、
信用や信頼を築くためにとても重視する必要があると認識することだと思われます。

以上をまとめると、謙虚さアピール自利(利己・保身)と利他に強く影響すると言うことです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1981-53d014e2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック