接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  挨拶の原義と心得

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2018新ロゴL

御訪問ありがとうございます。このサイトを御覧戴く皆様へ。

過去九年間に書いた三千近くの投稿が載ってます。記事右横のカテゴリー項目ですと記事が見つけ易いです。
人の「心」は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
こちらに載せてある「人の心や人間関係関連」の内容は,読む個々人に見合った項目や内容を選びお読み下さい。


ハート無題1s #思いやり ってどんなこと?ハート無題1s


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

挨拶は心の現れ

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

1挨1拶
   挨拶は、互いの心の通い合い】

   実社会での様々な対人関係おもてなしは、
   総て「挨拶」から始まります。
   禅の教えに「一挨一拶」(イチアイ、イチサツ=イツサツ)、
   と言う熟語があります。

   この言葉には、
   「自らの心を開いて、相手の心に近づく
   と言う語彙があります。




私見ですが、
一挨」(いちあい)は
 ・一会いは、一つの出会い
 ・一逢いは、一つの出逢い・巡り逢い、
    或は、感情の存在する逢瀬(おうせ)
  ※逢瀬(会瀬)会う時。特に、愛し合う男女が密かに会う機会。
 ・一合いは、一つの会合
 ・一愛は、一つの愛やその形

一拶」いちさつ(いつさつ)は、
 ・一察は、相手の状況や状態を察知する、洞察する
 ・一冊は、心を一つの本とし、互いの心を
    一冊の本のようにして記録(日記)に残す
 ・一撮は、心に写し撮り、残す。と解します。
 挨拶をする時、このように意識すると生きた挨拶に成ります。

挨拶時の心掛け

⦿ ひと言の挨拶言葉に、「人の心」が現れる

⦿ 挨拶に、その「人物(人柄)」が現れる

⦿ 何気ないひと言の挨拶に「認める心」が現れる


[一声・一言]≒[ひと声・ひと言]

イ)一声➜一つの声(音) ⇒輪唱や唱和などの際(滑舌・活気)

ロ)ひと声➜人の声⇒温もりや個性(口調・言い回し)

ハ)一言➜一つの言葉 (語句) ⇒心(思いやり)を表現する語句

ニ)ひと言➜人の言葉 (語句) ⇒温もりや感情、想いを表現する語句


覚え易く

」アイコンタクトして (or) 相手の目を見て(相手に向かって)

」いち早く (or) いつでも

」察知して (or) 先んじて

」次のアクション (or) 続けてひと言(一言)


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1984-7207a676
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。