接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  心を現わす会話力

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

心を会話に現わす

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

様々な触れ合いのある日常生活で人と人の繋がり、
結び付きを作るためにも話をしたり、
聞いたり(聴いたり)することは、なくてはならない大切なことです。
日々触合い接する相手へ、おもてなしの心や自らの心を伝え、
相手の心に届き、互いの心の通い合う会話は、
マナー(思い遣りを形にすること)無しでは出来ません。

おもてなしや普段の会話は十人十色、百人ならば百通りがあります。
このように、相対する様々な相手やその時のスチエーションにおいて
同じ会話は全くありませんし、言葉(内容)はその場限りで消えてしまいます。

当然ながら、会話の雰囲気は金庫に入れて大切にしまっておくことなど到底出来ません。
おもてなし会話をするためには、このような会話の特質を念頭に置き、
会話の礎ともいえる語彙や原義などをシッカリと理解し、認識しておく必要があります。

人によって違う、心の通ったおもてなしの会話は、
マニュアルにして残しておくことも出来ません。
おもてなし、接客や接遇の場で、思い遣りの心を相手に伝えるには、
話す言葉の組立てや伝え方だけでなく、話す際の表情(顔・声・目)、
姿勢、態度、気配り、心遣いを示し表す仕草は必要不可欠です。

耳に快く、聞き取り易い声、話す内容に合った口調で話すことは、誰にでも好感を与えられます。
イライラ調、どなり調、気のない調子、大きすぎる声、ささやき声などのネガティブ的な話し方、
早口や抑揚のない口調は、おもてなしやビジネスには不適切です

顔に表情があるように、声にも表情があることをシッカリと自覚しておきましょう。
適度なスピード、ハッキリした発音は、口の開き方、舌の運び方、間の取り方、
呼吸の仕方の要素が結びついて出来ることなのです。

以下会話の内容と意識の診断リストです。

会話の自己診断1

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/1995-b20f0baa
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック