接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  立場転換「自他一体」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

立場転換意識

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

立場転換・自他

私達は、日々人に関わり、触れ合います。

その際に重きを置くことの一つが「立場転換」です。


立場転換を易しく言うと相手の立場で物事を察知、思慮し、行動すると言うことです。
それは、簡単な様でなかなか上手く出来ないものです。

もし自分だったらと相手に成りきったつもりで真剣に思考し、
相手の心に寄り添うようにする言動や態度は、接客業は勿論、人間関係を円滑にする為にとても大切です。


皆さんは普段の生活の中において自己中心、我侭、コミュニケーション不足などが
原因(誘因)で大切な人やお友達を失ったことはありませんか?


立場転換意識は、常に利己的にならない利他の心と共に、
相手をより深く知り理解することに心掛け、努めることは自らの幸せを掴む近道とも言えることです。

そしてそれは、いつも相手の頃に寄添い、その人の立場に成りきるように努めながら話すこと、
想い考えること、行動をするようにすることです。



おもてなし接客の仕事上では、いつでも利他の心を以って
お客様に喜んで頂けることを考え、応対や五配りをすることで、
お客様やクライアントの信頼を得られるだけでなく、
貴方自身の人間的な魅力もより向上させます。


日常生活においての立場転換は、
先ず【自他一体】の意識に心掛け、互いが互いを認め合い、
受け入れ、思い遣り、尊重する心と共に、
一期一会の心で『自利利他』の行動をすることです。


自他一体=全てがひとつということを表わす言葉。
 否定されるべき何物もない全てが自分であるということ。
 一心同体や同感・共有・分有・共感・共鳴を表わす。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2002-7eda51ef
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック