接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  接客マナー育成プログラム

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2018新ロゴL

御訪問ありがとうございます。このサイトを御覧戴く皆様へ。

過去九年間に書いた三千近くの投稿が載ってます。記事右横のカテゴリー項目ですと記事が見つけ易いです。
人の「心」は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
こちらに載せてある「人の心や人間関係関連」の内容は,読む個々人に見合った項目や内容を選びお読み下さい。


ハート無題1s #思いやり ってどんなこと?ハート無題1s


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

指導員、スタッフの接客マナー育成プログラム

1.なぜ行うのかを理解させる

2.必要性の基本と認識を身に付ける

3.対象者に合わせた「」をして行く

4.職場の基本ルールを作成、説明し伝達する(マニュアル)

5.職場の基本ルールの実施度合いのチェックを行なう

6.毎日の朝礼、終礼、唱和により心を植え付ける

7.指導者をスタッフの手本となれるように教育を行う

8.基本挨拶を教え実行させ確認する

9.基本動作、態度を教え実行させる

10.指導者による指導、チェックを行う

11.指導者の指導方法をチェックし成果を確認する

12.個別指導により意識及び習得確認する

13.習得に依る目的、目標を明確にする

14.習得に対する手段方法を教える

15.個別目標の習得度合いのチェックを行なう

16.指導者に対して個別の指導方法をアシストする

17.受皿となる色々な資料、テキストを作成する
(マニュアル・アンケート・各種チェックリストなど)

18.習得度合いを伝達し、認めモチベーションを持たせる

19.業務現場において未達成ポイントのチェック及び指導する

20.ポイントに成るスタッフのコーチング、個別指導を行う


◇接客マナー育成対象者の意識の段階

①受け止められる

②受け止め理解しようとしている

③一部実行している

④実行している

⑤進んで実行している

⑥なぜ行うかを理解している

⑦自分に大切だと認識している

⑧職務に大切だと認識している

⑨皆で行おうとしている

⑩どうしたら出来るかを考えている

⑪皆の手本となろうとしている

⑫活き活きと職務にあたっている


接客マナーは[ルール][]が共に大切な両足です。

マナー習得は相手を【思い遣る心】を持ち、夫々の能力に合わせて育成をすることです。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/202-6ee863dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。