接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  基礎から学ぶ和の心「日本のおもてなし」講座

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横



“技だけでは為せない「日本の文化おもてなし」”

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

基礎から学ぶ日本の心小3

「思いやり、って何?」・・・それは「おもてなしの心」

大人の誰もが「当たり前」に知っていると思っている
「思いやり」「優しさ」「誠実」「謙虚」「感謝」などと言った心の要素を、
お子さんや部下に訊ねられたら何と答えますか?

現場最優先で、このような心の知識の乏しかった私は、何となく解っていると錯覚したままで、
人生の後半まで生きて来てしまいました。

ところが、或る時、何気なく指導先のスタッフから訊ねられた、
「思いやりってどんなことですか?」 の質問に答える為に、
偉人や賢人の書かれた書物などからこの「思いやり」を学び、知ることの大切さに気付かされました。

それを学び知り得たことで、様々な人物や行動が理解出来るように成れました。
そして、このようなことを知ることはサービス業の「接客」や「おもてなし」ばかりか、
人財育成や子育てをする為にも不可欠だとも気付きその後の人生に大変役立ちました。

「先心後技」どんなに資格やスキル、テクニックを身に着けても、
マインド即ち「心の軸」が確りしていなくては、ぶれてしまいます。

ただ心の中で、「もてなしたい」と思っていても、実際に言葉で表現したり、
リアルな行動に移したり、態度で表さないと、その相手に伝わらないのです。
このような「もてなしの心」は、その場、その時で相手の器や感情を推し量り
素早く察知し、その相手に合わせて伝え方で、
相手が受け取り易い言葉や受入れ易い態度を尽くしてこそ、初めてその人の心に伝わるものです。
そして、そのおもてなしの心は、奥ゆかしく、丁寧に、繰り返されることで洗練されます。

現代社会で心豊かに生き抜くために、
自らの心を動かす起因となるこのようなぶれない心の知識を修めておくことは、
幸せになるための礎であり、
様々な人と関わる社会生活や仕事上は勿論のこと、
子育てをする親としても大切なことだと思います。

これからの少子高齢化社会で生き抜き、20年のオリンピックで世界各国の人々をもてなす為、
震災時の世界中からの支援に恩返しをする為にも、この『心の礎』となる「思いやる心」を
より多くの方々に知って頂きたいと言う思いから、
40数年の実社会生活の体験から得られた知恵なども交え、
【基礎から学ぶ和の心「日本のおもてなし」】の講座を開くことに致しました。

接客・接遇」や「おもてなし」に関わる方は勿論、子育て世代の方々にも参加をお薦めします。

基礎から学ぶ和の心「日本のおもてなし」講座・・・・2月1日18:00~

★このような方にお薦めします

・日々人と触合う方
・接客サービス業に関わる方
・営業などに関わる方
・子育て世代の方
・指導者や管理職の方・・・など

★どんなことが学べるの?「学びの概要」

・おもてなしの「礎」を学び、人として大切な「思いやる心」、
・社会で生きて行く知恵や人として大切な「心の礎」を共に学びます

★どんなことが身に着くの?

・日々の仕事上や生活に役立つ様々な心と知恵が身に着けられる
・対人関係の基となる心眼を育み人間力を向上できる
・「おもてなしの心」と心の原点「思いやり」の知識と知恵

★学びの成果は、どんなことに生かせるの?

・自分自身をより深く知り、向き合える
・自分の足りないものが自覚出来る
・豊かな対人関係力が備えられる
・他者の心や言動が見えるようになる
・仕事が多角的にみられるようになる
・愛され信頼されるようになれる


≪開講意図と目的≫

「心も技も【基礎】が確り出来ていれば、

      仕事も総ての人間関係にも対応対処出来る。」


これは、長年に渡り人に関わる仕事(サービス業)に携わって来て得られた私なりの答です。
社会に出て40数年、前半から中盤は実務中心、後半は実務の学びをして参りました。
その中で、社会生活や様々な職場で多くの人々に出会い支えられて生きてきました。

そして、その出合った方々から、数えきれない程の学びや教えを得ることが出来ました。

同時に、自らの欲望や煩悩、感情を自制することの大事さ、人と人との繋がりの大切さ、
人を大切にすること、感謝の多大な影響力、思い遣る心の重さ、と言った多くのことを、
大切な自らの心の気付きとして頂戴致しました。

現在に至る迄に学び会得した「おもてなし」の知恵や技、波乱万丈の人生で味わって来た実体験に、
人生後半での様々な学びを加え、少子高齢化社会の心育成に貢献できればと考え、
今迄得られたその「心と技の基礎」と「生かし方」を、皆さんにお伝えする場です。

同時に、生きて行く上で最も大切で、いつ迄も心に残る「心の学び」と「気付き」の元を
おもてなし」を通して皆様にお伝えする場でもあります。

形ばかりの「おもてなし」「虚飾の姿」「自利」の言動や態度が持て囃される現在社会で、
本当に必要とされるのは、先ず人を思う「思いやりの心」の拡散ではないかと思われます。

そして、これからの少子高齢化社会を担う方達が、謙虚に先人や年配者に感謝し、
敬い尊ぶ心、「直な心」で先達の心や知恵を一度は謙虚に受容する意識を持つべきだと思います。

人生死に至る迄、学びである」との志を基に、一人でも多くの方々に、
心豊かで幸せな生活を得る「源」を共に学んで頂ければと考えて開講致します。

講座概要≫

おもてなし」は日本独自の素晴らしい文化であると共に日本人の心です。
その「おもてなし」の基礎とも言える原点は、相手を「思いやる心」です。
この心は、あらゆるサービス業に限らず、日常生活の人間関係でもとても大切です。
そして、この「思いやる心」がどんなことかを知得することは、
あなただけにしか出来ない「もてなし」をするための基礎となります。

その基礎さえ確り自分自身の心に落とし込んでさえすれば、どんなことにも対応対処でき、応用できます、
日本ならではの「おもてなし」の基礎から学ぶと共に、
人間力の礎となる「思いやる心」を学び、身に着けましょう。

無数の人と出逢った四十数年の波乱万丈な体験と晩年の学びを元に、
もてなしの心、挨拶、感謝、誠実、立場転換などと言った項目を柱に、
大切な人への思いやりとおもてなしの心の表現方法や傾聴、会話などの心得や
所作のポイントなどの解説と共に個々人の個性に合わせた個人指導(カウンセリング)などを
初心者から指導的立場の皆さんにお伝えしていく講座です。

日本の文化おもてなし」は、「モノを持って成し遂げる」と言うことを表わす語です。
古からの「和を以って、尊しと成す」の心を大切にして来た日本人に心とも言えます。
日本人が、お客様や大切な人をお迎えする行動とその心構えを言います。
主客一体の心で、お客様や相手に心から敬意を払い、それを行動で表すことです。 

日本独自の文化「おもてなし」は、人間に依存する処が極めて多く、大変奥が深いものです。
そのおもてなしには、先ず相手を想う「思いやる心」が何よりも大切です。
同時に「おもてなし」を基礎から身に着け修得するためには、おもてなしの心、
その語彙、原義など知識や伝え表わすための所作を修めなければなりません。
古から言い伝えられる「人形作って魂入れず」の諺の如く、心とそれを表わす技(所作)が必要不可欠です。

それには、先ず関連する心と技の知識を知り得た上で、
技である所作(作法)の原点(原義)やその目的を学び、
個々人の資質や心、環境やT.P.Oに合わせた「おもてなし」の表現と伝達方法を学び、
身に着けて行くことが最も重要です。

その「おもてなし」に必要とされる心を学び知り、
基礎となることを確り修得することで、その人物、様々な環境に合った様々な形の
「おもてなし」が出来るようになります。

講座の内容 【全講座6回】

いつまでも心に残り、確り身に付く「新しいシステム」 導入

[初回]基礎講座

(講話)
1. 日本人の特質から生まれた「おもてなし」
2. おもてなしの心(マインド)直き心
3. 日本独自の文化「おもてなし」
4. おもてなしの語源と由来・「モノ」と「コト」
5. おもてなしと思いやりの関係(思いやる心)
(心のドリルワークショップ) 思いやり
講話・テキスト配布 (日本のおもてなしの教科書-基礎編)・予習通知&そのアンケート

※初回講座は、学ぶ為の知識の解説の講話が主です。
二回目以降参加の方は参加前にお送りするテキストで自習をして頂きます。
また、二回目以降は、参加されたいお好きな講座をお選び頂けます。

※全講座教材
受講内容に合せた当回資料と、ドリル(自己診断リスト)は、
御自身でカスタマイズが出来る関数入りエクセルシート配布。
受講時(PC持参の方)、或は後日メールにてお送り致します。

[二回目]初級講座

6. おもてなしの特質(主客一体・心技体)
7. 目に映る、映らないおもてなし
8. おもてなしのスタート(心技体)
(心のドリルワークショップ) 認める・挨拶
=講話・テーマのドリルで自己診断・ディスカッション・予習通知&そのアンケート

[三回目]中級講座(1)

9. おもてなしと一期一会・守破離・わびさび・利休七則
10. おもてなしの「しつらえ」とは
11. 日本のおもてなしとホスピタリティのおもてなし
(心のドリルワークショップ)誠実・謙虚

[四回目]中級講座(2)

12. 大切な人へのおもてなし
13. 現代社会とおもてなしの心
14. おもてなしの二極分化
15. おもてなしは演出?
(心のドリルワークショップ)感謝・大切な人

[五回目]上級講座(1)

16. おもてなしの感銘と余韻
17. おもてなしの察知力
18. もてなす側ともてなされる側
19. おもてなしは応対と気づき
(心のドリルワークショップ) 立場転換・傾聴力

[六回目]上級講座(2)

20. サービス業と日常と非日常のおもてなし
21. 商品力だけでは出来ないおもてなし
22. サービス業・飲食店(料理店・カフェ・高付加価値店)のおもてなし
23. ひとり一人の顧客に合わせた様々なお世話
24. 顧客に合わせたおもてなしの所作と応対のポイント
25. 総括 (心のドリルワークショップ)おもてなしのマインド

☆日時 初回2月1日(土)[以降隔週予定] 【18時00分~21時00分】

☆定員 学びの精度を高める為に【8~10名】

☆受講料 3,000円(テキスト・ドリル含)
※全て受講又は次回講座を予約された方は二回目から2,500円で受講出来ます。
※別途基本教材 初参加時のみ 「日本のおもてなしの教科書」 1,000円

〇お持ち頂く物 
  筆記用具・ノートPC(お持ちの方)・二回目以降教科書とアンケート

〇講師 接客マナーは心の礎 著者 Humane-Adviser  基みのる

〇主催 「心の礎の会」  ※御質問などはこちらへ☟ 
  Email: minoru.motoi@gmail.com     ☎ 080-5491-3067

★申込みはこちらから☟
基礎から学ぶ日本の和の心「おもてなし」の講座



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2020-0c13a14f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック