接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  立場転換は絆の原点

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

立場転換の【プロセスと実例80選】
お薦め度【★★★★】全業種、業態用

立場転換【プロセスと実例80選】


1. お互いが理解し合おうとする心を持つ
2. 自己開示が出来る
3. 強い志と勇気を持つ
4. 情や環境に左右されないよう常に冷静沈着、平常心に努める
5. 好き嫌いで相手に話さない(憶測や先入観を持たない)
6. 感謝の言葉をかけ、感謝の心を持ち聞く
7. 相手の精神状態、コンディションを表情から汲み取る
8. 一言ひと言を何故の意識で考え相手の心を察する

9. 利他の心に徹する
10.相手の痛みを自分に置き換える(悩みや苦しみを共有し、分かち合う)
11.相手の肉親(大切な人)になったつもりで言動する
12.約束と時間を守る
13.真摯に接する
14.笑顔と優しい表情で伝える
15.傾聴に努める
16.心眼と眼力を以て接する

17.心を現す口調を意識して話す
18.場合によっては熱く語る(伝える)
19.場の雰囲気によって伝え方を変える(場の雰囲気=温度を読む)
20.理解度を確かめながら話す
21.相手の表情を読む(察する)
22.相手の精神状態に合わせた言動をする
23.同じ目線(もしくは同じ目線以下)で話す
24.様々な会話内容により相槌を変えて打つ

25.ポジティブな発想をする
26.相手の意思を大切にする
27.余計な心配をさせない態度や言葉使いをする
28.節度を持って触合う(握手に心を込める)
29.見返りを求めず、望まない(・・・・してあげたのに)
30.嬉しい事は出来るだけ早く伝えて一緒に喜ぶ(共感・共有)
31.本当に相手の為になることを伝える(厳しいことでも伝える)
32.時に、厳しく接したり、突き放したり、戒める

33.気軽に相談に乗り共に考える
34.私利私欲を持たない
35.自分の考えや心を押し付けない
36.美点を見つけることに努める
37.自分の事情で相手に接しない(自我は不要)
38.己のものさしを捨て、相手に対する見方(ものさし)を変える
39.相手の能力を見定め相手に合った話し方する
40.話す内容をいつも聞く側の気持ちで考える

41.自分が言われたらどう思うか、どう感じるかを本気で考える
42.何故話すのか、話す目的を伝える。目的の必要性を理解させる
43.相手の人格を認める(相手と自分の立場を知る)
44.相手に対し思い遣りや感謝の心を示し合う言葉遣いをする
45.お互いの立場に合った言葉遣いをする(敬語・謙譲語)
46.相手の話す内容や行動を自分に置き換えて考える
47.お互いテーマや会話の内容について何故の意識で考える
48.特に立場が上の者は相手の経験、能力に合った話し方をする

49.相手の労力や費やした時間を自分に置き換えて計る
50.場合によっては損得の意識で考える
51.広い心でお互い納得出来るまで話し合う(大きな目と心で見守る)
52.結論を急がず時間をかけて理解し合う
53.相手と同じ事や意識を実際に自分が体験してみる
54.人を守りかばうことを意識する
55.判らないことは理解でき納得するまで尋ねる
56.己の考え方や意見を真剣にぶつけて意見を聞く

57.慈愛を持って接する
58.受容の心で接する
59.真心で人に接する
60.人の思いを知るために多方面から分析するように努める
61.互いの心のキャッチボールに心掛ける
62.信念を持った言動をする
63.人間関係を活かし、潤いのあるものにする
64.自利利他となり、自他を成長させると意識する

65.自己犠牲の精神は不可欠
66.連帯感を持つ
67.同じ意識を認め合い共有する
68.感動を共有する
69.将来のために相手にとって今為すべきことを考える
70.相手の立場で、何が必要かをあらゆる方面から考え判断し行動する
71.共感出来る「思い遣り」になる時もあれば、共感出来ないお節介になることもあると自覚する
72.相手の心の位置を察した言動をする

73.互いがお互い様と思える交換可能な状態で相手の気持ちと同調、共感する
74.人と人との触れ合いに必要な心と言動
75.伝え方、受け止め方が多種多様だと認識する
76.立場転換や思い遣りが何故必要かを認識し、目的を考える
77.今までの考え方や見方を全く変え、発想の転換をしてみる
78.お互いの心や立場を第三者の目で見る
79.立場を理解し合う事によって得られる様々な要素を推測する
80.相手の将来や人間性向上にどの様に関わるかを推測する


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2021-a7305c03
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック