接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  『礼』

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

』を尽くす

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

礼

今の社会は、『』が疎かになっていると感じられることが多く見聞きします。
例えば、喪中なのに「新年おめでとうございます」と言った挨拶言葉を平気で使ったり
先人への節度の無い言葉使いや無な態度だったり
教えを受ける人に「参考に成ります」と平気で話したり
教えて貰うだけでその経過を返さなかったりすることを成さない大人が増えていると思われます。
即ち、利己的な『』を尽くさず生きられると安易に考える人が意外と多いのではないでしょうか。

少しでも多くの人達に『』の大切さを知って頂きたいので
以下、孔子の論語の一部と学びのメモから記します。

によって育まれた気持ちを『』に依って形とする。
のみであってはいけませんし、
なくして『』はあり得ないということです。
即ち、「」を具体的な行動として、表したものです。
元々は宗教儀礼でのタブーや伝統的な習慣・制度を意味し、
後に、人間社会の上下関係で守るべきことを意味する。

また、武士道の基本とされる
礼に始まり礼に終わる』も多く知られています。

孔子の論語の中にある以下の語に「礼」の心が窺い知れます。

『礼を学ばざれば、以って立つことなし。』  [季子第十六]
『礼を知らざれば、以って立つことなし。』  [尭曰第二十]

[原文の意味・解釈]
孔子は長男の伯魚に、
庭先で「礼」を学ぶことを強くすすめた。
「礼」を知らないと、人格形成が出来ず、人間関係がうまくいかないからだ。
伯魚の告白によれば、直接の父である孔子から教えを受けたのは、
庭先で会って「詩(学問)の勉強」と「礼の勉強」を薦められた。
この二つだけだったと言っている。
「庭先での教え」さしずめ現在ならば家庭で親が子に教える「躾教育」と言ったことです。
また、孔子は「礼儀作法」を重んじた。
「礼」を知らない「無礼者」になるなと。
「礼」とは「礼儀作法」のこと。

今流に言うと「礼儀」は「マナー」と「モラル」、
作法」は「ルール」「規律」と言ったことでしょう。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2023-1d09112b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック