接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  先心後技

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

先ず「心」ありき、後に「技」を修める 

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

先心後技

もてなしや対人関係に於いては、先ず相手を「思いやる心」ありきの心構えで取組むことです。
常にお客様のことを考え、今の自分に出来ることを、誠心誠意、
有らん限りの心を尽くして持て成すことが何よりも大切です。

また、仕事も、やる気や情熱が無くては出来の良い仕事も出来ません。
仕事をする上で、現在のようなスキルや技と言った、
知情意の「知」を重んじる資格優先社会では、
どうしても心(マインド)を育むことを怠りがちになってしまいます。

どんな素晴らしい資格やスキル・技、即ち「知」を持っていても、
それを動かす心(マインド)無くしては、
大切な時間やお金をかけて身に着けたこのような知情意の「」は生かされません。

例えば、運転免許証を持っていても、
コンプライアンスやモラルの心(マインド)の欠如している人は、
交通違反や事故をしてしまい易く、それ相応の罰を受けると言うことです。

そして、誇らしく肩書きや資格を持っていることを自慢する人ほど心に己の目を向けず、
自分と向き合わない人が多いように体験から感じます。

それとは逆に心(マインド)の確りしている人は、
必要なスキルや技を自分自身で見付け出し
それを身に着けることにチャレンジし、修得しています。

そのような人は、やる気とも言える高いモチベーションを持ち、物事を行ったり活動をする際、
要因である何故必要かと言う目的とその原義原則を探り知り、
基因(起因)である物事の起こす基を探し出し、
動因と言われる、その行動を引き起こし展開するための原動力となる人の内的要因を自覚し、
誘因(インセンティブ)と言われる人の行動を誘発し、
それを導き満たす役割を果たすもの、この四つを備えているのです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2046-9a639d7b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック