#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「心のエンジン」を動かす

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

モチベーションと「心のエンジン

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

心エンジン やる気

人間は、生きる上でも、仕事をするにしても自分の「モチベーション」の高低は大きく影響します。
高い状態では、充実感があり、仕事でも他の事でもかなり頑張れます。
そして、良いプロセスに繋がり、好成績を残す結果にも結びつきます。

それに対して、モチベーションが低い時は、気持は沈み、やる気はなくなります。
思うような結果を出す事が出来ません。
モチベーションの高い状態を維持したいというのは誰もが思うことです。

どうすれば、良いのでしょうか?

モチベーションとは、一体何なのでしょう?


モチベーションは「動因」と「誘因」のコンビネーションが作り出します。
様々な行動の原因となる人間の生活体内部の「動因」、それが「心のエンジン」です。
そして、その目標そのものが動因によって誘われる「誘因」です。

私達は、モチベーションが上がらない時に悩み苦しみます。
そして、どうしてやる気にならないのか、目標を達成しなくてはいけないと、
頭で分かっているのにやる気が湧かない理由を探します。
自分のやる気を妨げているものは何なのかと探します。

目標やその周辺を探します。
つまり「誘因」に目が行きがちです。
しかし、大切なのは、「動因」の部分です。
その動因は、「心のエンジン」です。

私達はみんな「心のエンジン」を持っています。
心のエンジンが調子よく動いている時は充実感や満足感、幸福感を感じます。
逆にエンジンの動きが悪くなったり、停止してしまうと、やる気がなくなったり、落ち込んだりします。
自分の心のエンジンをいつも良い状態で回転させておくにはどうしたらよいのでしょうか?              

それには先ず、自分の心と真摯に向き合いそのエンジンの能力を知ることです。
人はそれぞれ、違った様々な気持ちや能力を動かすための「心のエンジン」を持っています。
例えば、仕事をする時に、仲間と一致団結して物事に取組んでいると、物凄く充実感を感じる人がいます。
それに対して、自分のやり方で自由に取り組めている時が充実していると感じる人もいます。
この感じ方の違いそのものが、「心のエンジン」の違いなのです。

とにかく自分の「心のエンジン」をしっかり知り、理解することが必要なのです。
自分の「心のエンジン」をしっかり理解できれば、そのエンジンの動きが悪くなった時に、
どうすればまたリスタートして動かせるかが判ります。
また、それと同時に周りの人が自分とは違う「心のエンジン」を積んでいることも理解しましょう。        
自分と同じだと思わず、相手の「心のエンジン」を尊重することが重要なのです。

要因・・・なぜ必要なのか
・基因(起因)・・・物事の起こる基(原因)
誘因・・・ある事柄を誘い出す原因
動因・・・欲求の原因になる力、人を行動に駆り立てる力のこと。
✡『誘因とは、人の外側にある欲しいという気持ちを満たすもの・こと』
✡『動因とは、人の内面にある欲しいという気持ちのこと』
この動因は、行動を活性化する、行動を目標に向かって方向付ける、
動因状態が解消するまで行動を維持するという3つの機能を持つ。
動機づけ(モチベーション)とは、行動を起こさせ、
その行動を維持し一定の方向へ導いていく過程の総称です。

行動を引き起こし展開するための原動力となる個体の内的要因を動因(ドライブ)と言い、
その行動の目標となる 対象、即ち行動を導く外的要因誘因(インセンティブ)と言います。
動機付けは、動因、誘因、及び両者の間に生じる行動、3つの構成体から成る概念です。

例えば、学生が試験前に勉強するという場合、試験が誘因である。
動因は、自分の心に存在する知識欲や探求心であったり、
試験で高得点を取ることであったり、親や教師に褒めて貰うことであったりすることです。  
この動因と誘因との間に、勉強という行動が生じることです。

従って、動因と誘因の存在が動機づけの成立の条件であり、
行動がどのように動機づけられているかを理解するためには、
その行動の起因となる動因と誘因を正しく捉えることが必要なのです。  

動機付けの機能には、行動を始発させる(行動喚起機能)、
目標到達に向かって行動を持続する(行動維持機能)、
自分の行動を振返って目標到達への適切な方略を考えるなど行動を調整する(行動調整機能)、
目標に到達した場合に行動を強化する(行動強化機能)の四つがあります。


モチベーション」は辞書に以下のように記されています。(三省堂提供「デイリー新語辞典より」)
「動機付け」生活体(人や動植物)を行動へ駆り立て、目標へ向かわせるような内的過程。
 行動の原因となる生活体内部の動因とその目標となる外部の誘因が基となる。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2049-8fd5ac9a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック