#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 人としての正しい判断

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

人として正しい判断力を育む

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

正しい心

⦿人としての道、正しい判断 (稲盛和夫氏語録)

□私は、総ての判断の基準を「人間として何が正しいか」ということに置いている。

□常に原理原則に基づいて判断し、行動しなければならない。
原理原則に基づくということは、人間社会の「道徳」、「倫理」といわれるものを基準として、
人間として正しいものを正しいままに貫いていこうということだ。
人間としての道理に基づいた判断であれば、「時間」や「空間」を超えて、
どのような状況においても受け入れられる。

□人間として普遍的に正しい判断基準とは、
簡単に言えば公平、公正、正義、努力、勇気、博愛、誠実
というような言葉で表現できるものである。
自分の心の中に、こうした人間として普遍的に正しい判断基準(軸)を確立し、
それに従い行動することが成功への王道である。

□正しい判断を行うには  
物事に筋が通っているか、即ち道理に適っているかどうかを判断するためには、
単に論理的に矛盾がないかということだけでなく、
それが人として取るべき道に照らし合わせて、不都合がないかという確認が必要だ。

上記した稲盛和夫氏の語句にあるように、人間として正しい判断をするための要素は、
以下のようなものがあります。

【要素】克己、公平無私、道徳、倫理、謙虚、感謝、勇気、情熱、受容・寛大、正義、努力、博愛。
この中でも「道徳」、「倫理、」「公平無私」の心が大切な要素です。
公平無私【意味】一方に偏ることなく平等で、私心を持たない様。

□無私 
[以下ウェブリロより引用]


 一人称、利己と言える私心・我利・我欲・エゴなどの「自分のため」といった感情がない状態。
 または、その人自身が他を認識するための自分の「ものさし」(メジャー・私的計測基準など)を
 排除し、他の存在自体そのもの自体を認識できる状態のこと。
  無私の境地で判断する事によってそのもの自体をより確実に正確に認識出来るようになれる。
 日本の禅も、この無私の境地の訓練方法の一つです。

[ウェブリロより引用終り]

以下、「無私」と関連する意義素と類語を記しました。
イ) 意義素=利己心により影響を受けない
 類語=無慾 ・ 公正 ・ 無欲 ・ 虚心 ・ 公平

ロ) 意義素=自分を第一に置かず思考し、進んで自分の時間、金銭、努力などを与える性質
 類語=無慾 ・ 無欲

ハ) 意義素=他人の福祉に利他的に関わる性質
 類語=利他主義 ・ 他愛 ・ 利他 ・ 愛他主義

ニ) 意義素=利他的な態度で
 類語=無私

ホ) 意義素=共同作業の成功のため、自分を余り省みないで行動すること
 類語=無私無欲 ・ 滅私

⦿無私「私心を無くす」・・・坂村真民
 生かされて生きるということは、任せきって生きるということであり、
 任せきって生きるということは、自分を無にして生きるということであり、
 自分を無にして生きるということは、自分の志す一筋の道に命をかけ、
 更には、他のために己の力を傾け尽くすということである。 

⦿イエスの御言葉。
 「だれでも高ぶる者は低くされ、遜る者は高められる。」

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2050-019d306a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック