#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) “共感”

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

共感力

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

共感


共感力」とは、相手の感情状態を我がことのように、主観的に感じることができる能力です。
即ち、他者の考えや感情を洞察するための能力の一つです。
また、共感の元となる「共感性」は、「思いやり」を意味するものです。

例えば、苦難にあっている人を助けたいと思った時、
助ける行動をするきっかけとなる感情です。
そのために、他人の心のポジションである感情を正しく推し量ることが必要です。
但し、共感性については高ければ良いというものではなく
家族や親友など身近な人に対しては思いやりの気持ちが強いものの、
それ以外の人に対しては冷たくしがちである場合もあります。

共感性」は、周りの人の意見、感情、立場、気持ちを「その通り」と感じ取る受容のスキルです。
それは、表面的でなく内面から理解することで、更に理解はしても、巻き込まれない点にあります。

これは、以下の二つの側面から構成されていると考えられています。

一つは、相手の感情への認知的理解の側面であり、
「相手の感じていることが分る」ということ
即ち、理屈で理解できるということです。

もう一つは、相手の感情への感情的反応の側面で、
「相手と同じように感じる」ということで、
相手と一緒に喜怒哀楽を感じられる、感情的反応のことです。

一般的に、「話し上手は、聞き上手」とよく言われます。
とは言うものの、他人の話をじっと耳を傾けて聴くということは、簡単なよう案外難しいのです。
脳機能に関する研究で、自らの発する「言葉を作る場所」は、
相手の「言葉を理解する場所」でもあると明らかにされています。

詰り、話し上手の人は豊かな傾聴力を備えた聞き上手であると脳科学的にも実証されています。
仲間と話す時でも、ついつい突っ込みを入れたくなったり、口を挟みたくなったりしませんか?

相手の話に意見を挟みたくても、グッと堪えて黙っているのは、結構ストレスがかかるものです。
「相手の話を聴く」という行為は、相手の話に共感、感動できる“感性”がなければ不可能です。
逆にいえば、豊かな感性を持つ人とは、
人の話を黙って聴ける人」、「受容の出来る人」言っても良いでしょう。
勿論、相手の話を聴くと言っても、上辺だけの聴いている振りをするだけでは、
直に相手に見抜かれてしまい、良い心象を与えられません。

例えば、相手の嬉しい話や悲しい話を聞いて、
本当に自分も其の感情を共有出来ること、
それはその相手への「同情」ではなく、共感なのです。

この、共感によってこそ、相手を喜ばせ、癒すことができ、
また相手からの信頼も得られるのです。

共感力は次の二つに分けられます。

一、 共感的理解
 相手の気持ちに寄り添い話を受け取り、他者の気持ちを理解し、汲み取り行う

二、感情的反応
 イ)感情的温かさ・・・人間関係の基本となる、人に対する温かい心遣いや接し方
 ロ)感情的被影響性・・・周囲の状況に巻き込まれ易さ、他人の感情に呑み込まれ易さの程度

共感力の正しい使い方(例)

「人の為に 良いことの為にだけその能力を使うこと。」
「金銭や利益だけのため。悪い事の為、自分の為には使わないこと。」
「自分にしかできない、その人の為に出来る事はなんだろう?といつも思考する為に使うこと。」
「喜怒哀楽を、共有し、互いに分かち合うために使うこと。」
「想像力、立場転換力を磨いた上で使うこと。」・・・・・など

共感の類義語(Weblio類語辞典より)
*①~③は意義素。
① 他の人と気持ち(特に悲しみまたは苦悩)を分かち合うこと
 類語・・・共鳴り・共鳴・シンパシー・同感
② 人々の間の親近感または調和の関係
 類語・・・同調・共鳴・シンパシー・同感・意気投合・以心伝心
③ 意見を支持する、意見に忠実である、または意見に同意する傾向
 類語・・・弔意・同情・弔慰・了解・同調・共鳴・理解・シンパシー・思い遣り
     理解力・同感・意気投合・領解・同情心
(一部出典不詳・学びのメモより引用)


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2056-30ad588d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック