#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) <日本のおもてなしの特質>「心遣い」と「気遣い」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

何気ない「心遣い」と「気遣い

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

心遣い気遣いjpg

日本のおもてなしは、自然さ、何気なさ、さり気なさと言ったことを重視します。
同時におもてなしは一つの付加価値であり、とても心温まる洗練された日本の美学とも言えます。
それには、温かい人の心が通い合うさり気ない気配り、気遣い心遣いが大切なのです。

其の一つに、臨機応変な応対、対処が出来ることがあります。
それはお客様の意向・状況・雰囲気を一早く察知し(掴み)、「其の場造り」をすることです。
以前にあったテレビ番組「田舎に泊まろう」でよく見られたように、
お見え頂いた初対面のお客様をもてなす側に立つ主人や奥様は、
手伝いに来てくれた人達を上手に動かし、主人やお客様を含めた人の動きの流れを
そっと見守っているなどのことも見られました。

また、来客に失礼や不行き届きがあってはいけないと考えて行動し、
お土産を持たせる場合はそれを忘れてはいけないなどと、色々なことに気配りをしていました。
その客人とゆっくり話し込んだりすることも出来なくても、
もてなす心は人一倍忘れないで目立たぬように行動すると言った場面が見られました。

同時に、気を遣っていると相手に感じさせるような気の遣い方ではいけないと考え、
人手が足りない状況でもお客様に寛いで頂けることに気遣いし、
そのことだけを考え走り廻る姿も見られました。
訪問した客人が、帰る道すがら
「ああ何と心の和むもてなしだった」「また、此処に来たい」と
感じるさり気なさがある心の通うおもてなしはとても大事なことです。

常に相手の身になり想い考え、相手に要らぬ気遣いをさせない「日本のおもてなし」。

お客様に対する思い遣り、ユーモアのセンスや共感の態度にその人の人柄が表れます。
人柄の表わすには、もてなす人の心の温かさが何より大切であり、
それは相手の立場になって想い巡らし考えることで幾らでも補えると思います。
例えば宴会の場合、どういう趣旨や目的であるのか、誰を励ます会なのか、見合いの席か、
どなたかのお祝い、喜寿の祝いか、そう言ったことを一早く察知することが大切なのです。

励ます会であれば主人公の気分が高揚するように神経を配り、
お見合いの席であれば本人同士が相手に良く映るように気遣う、
喜寿の祝いであればお肉などにお年寄りが食べ易く包丁を入れるよう調理場に伝達する。
と言ったことで、おもてなしと接客サービスは、類似点は有るが別のものだと考えます。

また、おもてなしに大切なことは、お客様を待たせないことであると思います。
お待たせすると、お客様や相手は徐々にあら探しを始めます。
要は、待たせることでお客様をどんどんマイナス要因に導かないようにすることです。
そのためには、知恵を絞り、要領良く、敏速に提供すること、即ち一挙手、一投足の仕草の中に、
自然で、繊細な気遣いと、ある種の美しさであると思います。

その一つにお客様(客席)と調理場とのパイプ役を果たすことがあります。
今、お客様は挨拶をされているとか、会話が深刻になっているから料理を提供するのは
もう少し出すのを控えて欲しいなどの報告や連絡を調理場に入れることです。

また、お客様同士が、込み入った会話をしている時には、料理に手をつけられません。
従って料理が溜り、冷えてしまうことになりかねません。
温かいものは温かい内に、冷たいものは冷たい内にというタイミングがとても重要です。
同時にいつもお客様の前を整然と綺麗にすることを考え、
お客様の前にものを出す時は美しく出すことも大切です。
それは、お客様が席を立たれた時などに、テーブル上を美しく整然として置く何気なさ、
床が食物や飲物が落ちて汚れていたらサッと拭き取っておく気配り、
お荷物が汚れないようにカバーをかけて置くなどの気遣いの行動を
手早く、さり気なくしておくことです。

また、お水を沢山飲まれる方にはデカンタをそっと置いておくことも気遣いの行動です。
入店時・立席時の別なおもてなしの事例として、靴やコートが濡れていたり、
汚れていたりした時は、さり気なく手入れをして置くと言った心遣いは、
お客様の心にとても温かな余韻を与えます。

美しく素敵な仕草は、お膳の持ち方、グラスの置き方、ボトルや瓶の持ち方、
お酒やワインの注ぎ方、その際の手と指先の向きや添え方、
差し出す角度などと言った身のこなし方が自然に流れるように流暢であることから生まれます。

あるお店では、食事提供マナーに決められた通りではなく、
場面に応じて飲物も食事も全てお客様の右側から出して食べ終えてないお料理を
左の方に寄せていくという方法で接客サービスをしているお店があります。

マナー違反と言われる方もいると思いますが、そのお店では自然な形を重んじ、
整然と、見た目に綺麗にすれば良いということで実施しています。
あちらこちらに飲食物を置かず、お客様の体に当たらないように
テーブル上は一定の方向に流れる様にして置くようにサービスをしています。
その時々の方法は、客席(客室)の造りや状況、席の都合に合わせその都度変えて、
お客様へおもてなしをしています。

このような事例から判るように、自然な姿、さり気なさ、何気ない心遣い
原点とする「日本のおもてなし」には、其の場に合わせた臨機応変さが求められるのです。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2057-73dbe540
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック