#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) おもてなしと「一期一会」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

おもてなしの特質と「一期一会
お薦め度【★★★★】全業種、業態用

一期一会時間


一期一会」は、一生に一度限りの機会と言うことを意味します。

あなたとこうして出会っているこの時間は、時間の移り変わりと同じく、二度と巡っては来ない
たった一度だけ、だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう

と言う、物事は常に消え生まれると言う、諸行無常の心構えを表した言葉です。

平たく言えば、これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかすると、
どちらか一方の生きる環境の変化で、もう二度とは会えないかもしれないと
いう覚悟で人には接しなさい、ということです。

大切な人、お客様や触合う相手へ「温かなおもてなし」をする上で、
確りと自覚認識して置くべき、以下のような5つの「特質=心構え」があります。

1)おもてなしには個性があります

 おもてなしを受けられる大切な人、お客様は千差万別です。
 お客様が千人なら、千通りのおもてなしの種類があります。
 先ず、お客様のお顔を覚える事からおもてなしが始まります。
 お客様のその時の状況、感情、欲求や好みが何よりも優先されます。
 そこで応対する人はお客人を思い遣る心が必要とされます。

2)おもてなしは形がありませんから消えてしまいますし、目に見えません

 おもてなしには形がありませんから、事前に作って倉庫で保管という事は出来ません。
 おもてなしは一瞬に創られますし、その場でお客様の心に消費吸収されてしまいます。
 形の無いおもてなしは一回限り瞬時に消失してしまいます。
 目に見えないおもてなし、即ち裏表の無いおもてなしが求められます。
 物や形はいつの日か壊れたり、無くなったりしてしまいますが、
 思いやりの心溢れる本物のおもてなしであれば、感動として心にいつまでも残ります。
 姿形の無い「感動」、「思想」、「余韻」、「人と物の心」は、人々の心からいつまでも消えません。

3)おもてなしは人間依存から成立します

 おもてなしには、必ず人間的な要素が加わってきます。
 おもてなしする人の人間性や技術の優劣に依って様々な形を創り出します。
 従って、接客サービスをする当事者の人となりと技術を求められます。
 おもてなしには、サービスマインドの持ち主、技術力、多方面の知識が必要とされます。

4)おもてなしは即時性、即効性を持ちます

 言わば生(ナマ)で行われる一発勝負という特質をもちます。
 これはお茶席の一期一会の精神とも相通じます。
 おもてなしはリアルタイムに大切な人、お客様に対して行われるものです。
 おもてなしする人と大切な人、お客様の間でリハーサル無しで行われるという事です

5)おもてなしは同質でなく基準もありません

 おもてなしにはお客様自身がおもてなしの生産に関わる場合が多く、
 結果や心の余韻は、おもてなしを受ける側、夫々の方によって当然異なります。
 ですから基準もありません。突き詰めて言えば「感謝」と「思い遣り」で満足を与えると共に、
 どれだけ大きな感動と余韻を与えられるかが問われます。
 このおもてなしを生産するプロセスでお客様も加わりますから、同質のものはありません。
 『おもてなしに打算は不要、思い遣りと奉仕の心が大切なのです』


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2058-7c3761f5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック