接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  人生と愛

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

人生「運命宿命

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

知情意愛

【以下宮本辰彦氏の人生論より抜粋】
人生の目的は人格完成にあり、それは「」を身に着けることと、「創造力」を養うことにある。

人生には自らの力で変えることの出来る「運命」の部分と、
変えることのできない「宿命」の部分で成り立っているが、
運命」は創造力を養うため、
宿命」は「」を学ぶためにあると言う。

個々人が幸せになるには、
先ず自らが自分自身をきちんとさなければ成り立たない。
自分自身をする「自愛」が「慈愛」に通じ、自分を心から愛することが出来た時に、
初めて他人を正しく愛することができると説いている。

また、愛を身に着けるには「知情意」の三つを
バランス良く実践しなければならない。
愛を身に着けたいという強い「意志」を前提に、人生の様々な喜怒哀楽の中で、
愛を感じるための「情」を育み、さらに愛についての「知識」を学び、
それに基づく理性によって、情をしっかりとコントロールしなければならない。

この知情意の実践により愛の三原則
即ち「許す心」「祈る心」「活かす心」が芽生えるのだという。
この三つの心が螺旋のように循環して、一つの思いになったものが「愛」であると説いている。
愛を感じるには情を育まなければならないが、
情が豊かだからといって、愛溢れる人とは限らない。
むしろ情が強ければ、正しく愛するための妨げになることすらある。
だから、愛についての明確な理論を確りと習得し、確立しなければならないと言う。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2070-bfc93b74
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック