接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  思いやる心

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

思いやりの意識と言動、態度

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

思いやる心1

思いやり」は、人としての幸せを掴むため、豊かな人間関係構築に欠かせない心の要素です。
この言葉は、数え切れない要素を含み、実に奥の深い意味のある言葉です。
そして、私達はこれを表現する為の形(所作)の一つを、「マナー」と呼んでいます。
思いやり」は、接客や接遇の場での「おもてなし」をする上でも、社会生活をして行く上でも、
社会人として、仕事上で色々な相手をもてなす人として、必ず身に付けておく必要があることです。
おもてなし」の要素「コト」、即ち『もてなす心』を伝える為に無くてはならないことが「思いやり」です。
同時に裏表のない「おもてなし」を行う為に大切な、「誠実」、心の温かさの表れと言える「優しさ
も大切な心の要素と言えます。

社会で生活して行く上でなくてはならない円滑な人間関係、
素晴しい「おもてなし」(接客・接遇)をするためにも、
誠実さ、優しさと思いやり」とはどんなことかを予め知って置くために見直して、
夫々に別けて具体的にどんなことなのかを心得おくようにしましょう。

上質で、心のこもった「おもてなし」は接客、接遇の場ばかりか、人としても大切な「コト」です。
確りと夫々の内容を認識して、日常生活や人との触合いに生かすことは全ての成長に繋がります。
誠実さ、思いやりと優しさ」は別けるのは難しいですが、敢えて別けてみました。
今までの自分自身を、下記の採点規準でチェックしてみましょう。

【採点規準】
出来る=5. 多少出来る=4.時々出来る=3.やや出来ない=2.僅かに出来る=1.出来ない=0.

誠実さ&思いやり

誠実さは、自らを指差し、省みることで、育くまれます。
『角川新字源』に誠とは「自分の言葉を固く守って違えない「まこと」の意を表す」と記されています。
誠実さは、「言(げん)を成(な)し、それを実(まこと)にする」と解します。
言(げん)=言葉は、自分の心と其の時の気持ちを表現し、打ち出したものです。

要約すると
・他人や仕事に対してまじめで、偽りのない心で接する
・何事も高い倫理観を持ち公正・正直に取組む基本姿勢と、より良き姿を追求し続ける不屈の精神
・人が生きて行く上で最も大切にしなければいけないこと
・自分が正しいと信じていることの為に、高い価値観を持ち生きていくこと
・人に対して、また自分自身や物事に対して正直で真心のこもった行動をすること
・行動と言葉が一致している即ち言行一致の時、素晴らしい存在感が生まれること
・自分を騙して偽るようなことではないというようなこと、などです。

「誠実さ」は

◆真心を持って人や物事に対する
◆誰に対しても礼節を持って接する
◆いつでも、誰に対しても変わらない挨拶ができる
◆相手によって、会話内容や態度を変えない
◆心と身体の姿勢が正しい

◆相手を思いやるマナーを弁えている
◆素直である
◆どんな約束でも必ず守る(何事にも、時間はきちんと守る)
◆言葉や態度に裏表がない
◆真面目

◆感謝の心を言葉や態度で伝えられる
◆相手に見返りを望んだり求めたりしない
◆正直である(嘘がない)
◆真実を貫く
◆小さなことも一所懸命行う(小事を疎かにしないで、全力を尽くす)

◆話す内容に一貫性がある
◆言行一致している(自分の言っていることと、現実の行動に矛盾がない)
◆感情のコントロールが出来、相手に常に不変な精神状態を保てる
◆以前に話した内容と、現在の話の内容が違わない
◆その場に居ない人のことをあれこれと批判しない

◆他人に望んだことを自ら行っている
◆自分に否がある時に真剣に素直に謝れる(自分の過ちや間違いを認め、謝罪する)
◆自慢話や自己顕示をしない
◆相手や仲間に言うべきことは伝える勇気を持って実践している
◆自分の事情で周りの人々に接しない

◆自らの想いや感情は素直に出せる
◆話し合いの場や会話を独占しない
◆相手のためになり、成長に役立つと思ったことは真剣に話せる
◆一期一会の心でお客様に接する
◆いつも変わらないマナーや態度で、お客様に平等に接する
◆お客様や相手の信頼を裏切らない

◆お客様との約束を守ろうとする心を持っている
◆お客様の期待を決して裏切らないと言う心を持っている
◆お客様の目の届かない所もきちんとしておく
◆お客様の状況を正直に報告する心を持ち、行動する
◆お客様や相手の状況をいち早く察知し、真心で応対する
◆先ずお客様のことを第一に考える心を持っている・・・など。

このような「誠実さ」や「思いやり」、人としての本質やあり方、深い「人間性」は、
50年先百年先になり、どんなに時代や社会環境が変わろうとも、人間が人間である限り普遍です。
そして一度身に付けてしまい、日々当たり前のこととして無意識に習慣的に実践すれば、
必ずやその人の「一生の宝」となり「魅力」にも繋がります


    ブログパーツ

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2071-32a4eadf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック