接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  高い離職率の起因は?

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

~高離職率を生んでいる要素、要因~

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用
職場

離職率の多い店舗や職場には、類似する共通した要素、基因・要因があると思われます。
また、離職者の半数以上は職場の人間関係が起因と言われています。
あなたの会社(店舖)や職場には、下記のような要素や要因はありませんか?

〇人間関係

1. 職場内や個々人の挨拶が徹底されていない
2. いい加減な(其の場凌ぎ)返事をする先輩、上司がいる
3. 上司や先輩の当たり前(常識)の基準(ものさし)が狂っている
4. 権限をやたらに振り回す上司がいるが誰も苦言を言わない
5. 職場に事なかれ主義の風潮がある

6. 先輩、上司としての信望が無い人が監督指揮をしている
7. 自らの考えや主張ばかり振り回す人がいる
8. 感情的に不安定な(気分屋)上司や先輩がいる
9. 自らの体験や経験に頼って指導している先輩、上司がいる
10. ひとり一人の意思決定を妨げる要因がある

11. 飲みニケーションの場で問題解決をしようとする
12. 悩みを打ち分けられる人がいない
13. 年齢差や経験度を意識しないで指示命令する上司がいる
14. 人の思惑や顔色を見る先輩上司がいる
15. リーダーや職場長が人の顔色ばかり気にする

16. 従業員への平等さ不足(えこひいきがある)
17. 仲間同士の感謝と労い、承認の言動不足
18. 職場のルール未周知、認識不足
19. 仲間意識、チームワークの不足
20. 世間体や見た目ばかりを意識し過ぎる人がいる

21. 感情で物事を判断する仲間、上司がいる
22. 求めたり、望んだりするばかりで与えることが出来ない仲間、上司がいる
23. 背中を見せられる上司、経営者がいない
24. 言行不一致の人が多い
25. 互いが感謝する風潮が薄い

〇指導・監督・管理者・会社

1. 職場を人間力育成の場と考えていない
2. 会社や店としての明確なビジョンや理念を持ち合わせない、或は周知していない
3. 監督・管理者が理念・ビジョンを理解していない
4. 売上至上主義である
5. やれやれ主義である

6. 自己保身の利己的風潮がある
7. 仕事の基準が不明確である
8. 労働力の絶対数が不足
9. 報連相が徹底されていない
10. 労働時間が長く、残業対価を支払わない

11. 評価制度の不備(育成システムが不明確)
12. 目的意識の伝達不足や不徹底
13. 経営者や責任者が、従業員に甘えている
14. 適正診断をせず、即戦力にしてしまう
15. 適材適所を考慮しない人の配置

16. なんでも使う側の事情や「ものさし」で判断してしまう
17. 部下やスタッフの仕事ぶりと人間性と向き合う時間を持たない(ひとり一人を視ていない)
18. 従業員に対する思い遣り不足
19. 人を人とは考えず、労力や道具としか捉えない。(人を大切にしない)
20. 部下に対し、心を持っている人として扱わない

21. 目的を伝えないで作業ばかりさせる
22. 面接に於いての採用基準が曖昧である(安易な面接で採用してしまう)
23. 研修システムや内容に不備がある
24. マニュアルが全てと考え、何でもマニュアルにしようとする
25. 職場にあるべき「けじめ」が不足している

26. 仕事への不平不満を放置してある(職場に、人の影口を言い合う体質がある)
27. 金銭や物で人を動かしたり、使おうしたりする
28. 管理監督者が一方的な命令、指示のみで聞く耳を持たない
29. 管理監督者の人格不足、感情の自制不足(目標になれる人物がいない)
30. 本人の気付きを促さず、細かなところまで指示する

31. 従業員の問いかけに忙しいからと言い答えない(従業員の声を聞かない)
32. 店側の目線が主になり、顧客目線を無視する
33. 周りの評価を極端に気にする責任者がいる
34. ブランデングが確立されていない
35. 昇給や昇格、職場移動の際個人面談をせず、文書だけで済ましてしまう

36. ソリューションに関する意識が薄い
37. 問題が起きると起因に目を向けず、対策ばかりを優先する
38. 会議やミーティングの場で発言者がいつも同じである
39. ひとり一人が一つの方向に向かっていない(テーマを共有していない)
40. 職場に作業優先の風潮がある(仕事とは何かを認識していない)

成長し、躍進している企業や店舗は、このような負の要素や要因が極めて少ないと同時に
人財として人を企業の源と捉え、個々人の「人間力」を大切にしています。
また、このような要素や要因を逆に考えてみることで離職率を下げることが出来ます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2073-95897ddd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック