#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 基礎から学ぶ「日本のおもてなし」(1) in関西

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

日本人の心「おもてなし」を身につけましょう。

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

基礎からおもてなしL

 「もてなす心」、それは他者を「思いやる心」

★このような方々にお薦めします

〇サービス業に関わる方
〇医療介護に携わる方
〇子育て世代の方
〇教育や指導に携わる方
おもてなしに関心のある方
〇企業(店)の経営や管理をしている方

★このようなことが学べ、身に付きます

●日本人としての心が身に付く
●企業や店舗の営業や集客に貢献できる
●豊かな人間関係力の基礎と技が修得できる
●他人の心や行動が「見えるようになる」
●魅力度・モテ力がアップする
●利他心の基礎の修得ができる・・・・・等々。

【開講意図と目的】

おもてなし」は日本独自の素晴らしい文化であると共に日本人の心です。
その「おもてなし」の基礎とも言える原点は、相手を「思いやる心」です。
この心は、あらゆるサービス業に限らず、日常生活の人間関係でもとても大切です。
そして、この「思いやる心」がどんなことかを知得することは、
あなただけにしか出来ない「もてなし」をするための基礎となります。
その基礎を確り自らの心に落とし込んでさえすれば、どんなことにも対応対処出来応用できます。

形ばかりの「おもてなし」「虚飾の姿」「自利」の言動や態度が持て囃される現在社会で、
本当に必要とされるのは、先ず人を思う「思いやりの心」の拡散ではないかと思います。
社会に出て、現在に至る四十数年の波乱万丈な人生、社会生活や様々な職場で数えきれない
人々と出逢い、その人々に支えられて生きられ、生きて来ることが出来ました。

そして、その出合った方々から、数えきれない程の学びや教えを体得することが出来ました。
同時に、自らの欲望や煩悩、感情を自制することの大事さ、人と人との繋がりの大切さ、
人を大切にすること、感謝の多大な影響力、思い遣る心の重さ、と言った多くのことを、
大切な自らの心の気付きとして頂戴致しました。

これからの少子高齢化社会を担う方達が、謙虚に先人や年配者に感謝し、
敬い尊ぶ心、「直な心」で先達の心や知恵を一度は謙虚に受容する意識を持つべきだと思います。
「人生死に至る迄、学びである」との志を基に、
一人でも多くの方々に、心豊かで幸せな生活を得る「源」を学んで頂ければと考えております。

また、今後の震災復興や少子高齢化社会を担わなければならない今の子供達の為にも、
子育てをする大人が、この「思いやる心」をより深く学び知ることは自らが幸福を掴み、
引き籠り、いじめや犯罪の減少にも必ず繋がると確信致します。

日本でのオリンピックの開催が決まり、思いやる心溢れる「おもてなしの国日本」として、
震災後の世界中から支援に恩返しをする為にも、
また、心豊かな日本人の心を創造する為にも「おもてなしの心」と
その基礎となる他者を「思いやる心」を身につけましょう。

心も技も【基礎】が確り出来ていれば、仕事も総ての人間関係にも対応対処出来る。」
これは、長年に渡り人に関わる仕事(サービス業)に携わって来て得られた私なりの答です。
現在に至る迄に学び会得した「おもてなし」の知恵や技、波乱万丈の人生で味わった実体験に、
人生後半での様々な学びを加え、少子高齢化社会の心の育成に貢献できればと考えました。
「おもてなし」を通して、今迄得られた「心と技の基礎」と「生かし方」を、皆さんにお伝し、
同時に、生きて行く上で最も大切で、いつ迄も心に残る「心の学び」と「気付き」の
元となることを皆様にお伝えしたいと考え開講致します。
この講座では、ホスピタリティの「おもてなし」、
日本ならではの「おもてなし」の基礎から学ぶと共に、
人間力の礎となる「思いやる心」を学び、身に着けられます。

講座内容】

初回(年4回開講)
1.おもてなしの心とは?
2.おもてなしの語源と由来
3.おもてなしの本質
4.一期一会とおもてなしの特質
5.もてなしのしつらえ
6.もてなしの流れ・挨拶
(診断)おもてなしのマインド(採点用)
(診断)ドリル-おもてなし(採点用)

講座の日時  3月26日(水) PM19:00~PM21:30

◇参加定員 20名様位迄

◇参加費 講座当日に御持参下さい。
 受講料一回 5,000円(当回教材・ドリル含)

お持ち頂く物 初回分&当回配布教材・筆記用具、その他メモなど。
 補助資料類などのdataをお渡しします。
 初めての方はUSBメモリーをお持ち下さい。

開催地と地図
〒523-0896滋賀県近江八幡市鷹飼町北4-1-16 みやび建設BLD3F会議室JR近江八幡駅徒歩10分位

講師 Human-Adviser 基みのる
 大阪府教育委員会「足袋の季節」の接客マニュアル、
 大阪マツダ自動車「ホスピタルカード」に『おもてなしの解説』を書いております。
ブログ『接客マナーは心の礎』著者


お申込みはこちらからコクチーズ

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2077-ebbe9c9a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック