#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 心と心を繋ぐ

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

おもてなしの「礎」会話

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

おもてなし会話

心を伝える話し方(話し方のテクニック)  

おもてなしに無くてはならない【思い遣る心】を伝える《会話力》を身に着けましょう。
お客様(相手)に声や話し方(口調)でお客様への思い遣る心や感謝の心が伝えられます。
声や話し方[口調]は十人十色ですし感情も表れ易いことを先ず認識して置きましょう。
何気なく(無意識)に発している声や話し方、癖によってお客様(相手)の感情を害する事もあります。 
少しの意識で、声と話し方を変える事によって相手の感情をコントロールする事が出来るのです。
コミュニケーションを図る為に会話をします。

世の中の人の数だけ一人ひとりそれぞれが話し方も違いますし、独自の声を持っています。
一方で、声や話し方にも、第一印象があることを自覚して置くことも不可欠です。
また、自分では気付かない内に「話し方の癖」が身に付いてしまっている場合もあります。
明るく優しさが感じられる話し方、声の強弱、スピードと、ゆっくりと落ち着きがある滑舌
活気を表わすハキハキとした言葉、誠実な印象親しみやすさが感じられる口調は、
お客様に安心感与え、思い遣りを伝えます。

1.「言霊」(ことだま)という言葉があります。

言葉には魂が宿っていて、言葉に出すとそれが現実として本当になるという事です。
言葉は心の魂、言葉一つひとつに人の心が息づいているのです。

2.発声はハッキリと滑舌(かつぜつ)は

モゴモゴ、ボソボソ、フワフワなどと口ごもった話し方や不明瞭な言葉遣いは、
自信がなさそうで、相手に会話の目的や心が伝わりません。
話す時は、「歯切れの良い、ハキハキと活気があり、力強い響きのある声」が基本です。
口を大きくあけて、大きな声で、「アイウエオ」の母音の発声練習をし、腹式発声を身に付けましょう。
この話し方は信頼されるための要素の一つです。
お腹の底から声を出す発声をしましょう。
「あのー」「えー」「あっ」「えーと」と言った曖昧で不安要素の感じる言葉は耳障りです。
だからと言って無くす必要はありませんが、話す内容を不明確にし、
説得力を落としますので気を付けて使いましょう

3.自分の声を知る

 ①声の大小(音量)・・・耳に心地よい大きさか

 ②声の強弱・・・言葉の語彙に合わせて
 地声が大きいのであれば、怒鳴っていると勘違いされないように高めにしトーン下げ暗くし、
 声が低めであれば、声をやや大きめに、トーン上げを明るく、
 ひと言一言が聞き取り易いようにやや遅めに話す等です。

 ③声の高低(周波数)・・・耳に心地よい音程か

 ④声のトーン・・・明るいか暗いか

 ⑤話す速度・・・早いか遅いか

 イントネーション(抑揚)をつける⇔正しく、聞き取り易く、
 伝わるイントネーションで抑揚がないとは、一本調子、詰り棒読みで話しているのと同じです。
 一例をあげてみましょう。
 感謝の言葉の「ありがとう、ございました」を声に出して棒読みした後、
 どこかアクセントを強めたり上げたりして話してみましょう。
 「ありがとう、ございました→」
 「ありがとう、ございました~↑」
 「ありがとう、ご↑ざいました」
 「ありがとう、ございました↓」などでいかがでしょうか?
 「ありがとう」を強調したり、「ございました」を強調したりすることにより、
 あなたの伝えたい心や事柄が、スムースにお客様に伝わります。
 また、語尾や語間を伸ばす人がいます。
 「ありがとう、ございま~す、ありがとう、ございました~」
 お客様には心を込めて言っているのに伝わらなかったり、馴れ馴れしく聞こえたりします。
 特に最後の「た」を伸ばしながらキーを上げる人をよく耳にします。「た」は短く、
 言い終わった後に口を結ぶようにし、トーンを下げると心を伝え、説得力のある印象になります。

 ⑦言葉と言葉の間を上手に使う
 よくニュースキャスターが多少早口な話し方をしているのに、
 私達は伝えられた情報などを、確りと理解出来るのは何故でしょうか。
 実はニュースキャスター達は言葉と言葉の間にキチンと間を入れているのです。
 間とは、詰り句読点です。
 句読点は「、」で1秒近く、「。」で2秒近くの間を目安にいれています。
 お客様との会話に於いても、この「間」の取り方に気を付けることです。

 ⑧語尾は伸ばさずに短く。
 「です。」「ます。」と、語尾はきちんと「。」で終わるようにする。
 仲間に聞いて貰うとか、携帯の録音機能を使って自分の声を録音し、声の印象を自覚し、
 変化させてみるなどして、色々と試してみましょう。
この会話のテクニックを身に付けて置くことは、接客時は勿論、日常生活にも必ず役立ちます。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2078-158d38f7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック