#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 信頼とおもてなしのココロを育てる 「心の礎塾」の御案内

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

~波乱万丈の人生で味わったココロの学びをお伝えします~

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

講座心の礎塾1

【講座の特長】

それぞれの幸せを掴むために、本気で自分と「向き合う方」をサポートします。

この講座は、
人生中盤までに味わった数々の失敗から得た学びと、
社会に出て40数年に渡り、現場でお客様と接した
カフェ・飲食店や銀座の高級クラブ、ホテル、旅館、医療サービスの仕事から得た
おもてなし」の学びや、多くのVIPと接し得られた貴重な体験からの学びの数々を
心の原点に戻り、具体例を交え解り易くお伝えする講座です。

★このような方にお薦めします
 ・自他と真剣に向き合い、人との触合いを大切にしたい方
 ・おもてなしや接客サービス業に関わる方
 ・営業や対人関係の仕事に関わる方
 ・子育て世代の皆さん
 ・指導者や経営・管理職の方・・・など

★学びの成果は、どんなことに生かせるの?
 ・自他をより深く知ることで、人と向き合えるようになる
 ・自分の足りないものを自覚出来、自己啓発に繋がる
 ・愛され、信頼されるようになる基礎が身に付く
 ・豊かな対人関係力を育め、備えられる
 ・他者の言動や心が見えるようになる
 ・他者や仕事が多角的にみられるようになる

≪講座の形態≫ 
講話を主に、何時までも心に残り、確り身に付けるためのテキストなどを活用

【講座内容】
~明日から活かせる人とココロを繋ぐ、もてなしの「知恵」と「技」~ 

以下の人の心の基礎項目とその実践方法を、体験談を交え何回かに分けてお話しします。
初回(以下の1.~3.を予定)

1.今迄の人生で得た貴重な学びと気付き
 数々の体験から学びと気付きの色々
 (我欲と煩悩、感情的思考の弊害)

2.先ず、自分を知る(自分と向き合う)
 自他と向き合うために何をするの?
 (自分から逃げない・自己開示)

3.マナーとモラル(道徳と倫理)
 社会人として正しい判断をするには?
 (正しい基準を持つ・心眼を養う)
 ・誰もがしている絶対してはいけない間違いのマナー10

4.心の要素を知る?
 心って、なんだろう?
 (1~3人称思考ってどんなこと?)
 (好き嫌いや感情のコントロールの仕方)

5.人間関係や仕事は「無から有を創り出す」
 信頼と絆はどうして作るの?
 (和と信頼、絆って何?)

6.人間関係力とその基礎は?
 認める、認め合う効用(自他の認識)
 (心のエンジン「勇気」、「やる気」、「元気」。)

7.もてなす心は?
 おもてなしの原義と由来は?
 (おもてなしは人間力から)

8.利他心って何?
 自利利他を紐解く
 (施しと徳?)

9.大切な人のために何をするの?
 大切な人を定義してみよう
 (大切にする言動と態度の例)

10.感性を磨く・共感力
 豊かな感性を育む方法?
 個性に合った感性を磨くためには?


[以下予定講話項目]
11. おもてなし(サービス)マインドとその修得法
12. 優しさ(厳しさ)と思いやり
13. 相手の心に寄添う立場転換
14. 挨拶の達人になるためには?四種の「はい」の返事?
15. 引き寄せの元、感謝とその恩返し
16. 誠実な人はどんな人?(至誠)
17. 謙虚に受け入れる効用(謙遜)
18. 親切・奉仕・お世話(ホスピタリティ)の心を知る
19. 五配りと自然な所作を身に着けよう(身嗜み態度・仕草)
20. 魅力は、相手を知り覚えることから
21. あなたの傾聴力を磨く
22. あなたの会話力を磨く
23. 電話応対のポイントとタブー
24. 不の要素とその解消法は?
・・・など


⦿日時 
【A】初回3月25日(火)受付終了
【B】初回3月30日(日) 
 
 ※以降は二ヶ月に3回、または月2回(隔週)開講予定

⦿開催場所

【A】25日(火)19時~21時  受付終了
 開催場所  喫茶室 ルノアールニュー銀座店マイ・スペース
 住所    東京都中央区銀座2-8-15 共同ビル銀座通り2階
 アクセス  地下鉄銀座線銀座駅A12出口徒歩1分銀座松屋デパート左手裏
 電話番号  03-3567-3655


【B】30日(日)  11時~13時 
 開催場所 喫茶室ルノアール 神田南口駅前店マイ・スペース
 住所    東京都千代田区鍛冶町2-1-4 東和ビル2階
 アクセス  JR神田駅南口を出てすぐ前
 電話番号 03-5289-8456

【B】*初回タイムスケジュール
 ※会場には、10分前までにお越し下さい。
・講話11時~11時50分
・休憩11時50分~12時00分
・講話12時00分~12時45分
・まとめ12時45分~13時00分位迄
※懇親会(希望者のみ) 13時30分~15時位

◆定員 学びの精度を高める為に【8~10名様程度】

◆受講料 

◇初回 3,000円税別(テキスト類含)
◇二回目以降受講料  3,000円税別
    テキスト類 1,000円税別
※別途基本教材 初参加時 【言葉・熟語の解説】 1,000円税別

◆お持ち頂く物 筆記用具

◆講師  Humane-Adviser  基みのる

◆主催 「心の礎の会」☎080-5491-3067


お申込みの受付は【A】3月22日  【B】3月27日迄

お申込みは、こちらまでminoru.motoi@gmail.com 迄
 
E.Mailで、【お名前・連絡先】を必ず御記入の上、お早めに御申し込下さい。


【開講意図】

三年前の震災後、「自分の為より、誰かの為に」
と言った意識が国民の多くに芽生えました。
そう言った思いはと五に行ってしまったのでしょうか?
昨今、国内に心無い悲しい殺人事件や幼児虐待、
いじめなど人としてあるまじき多発しています。

このようなことを少なくするためには、
私達一人ひとりが、互いが人として「認め合い」、
先ず、人を「思いやる心」、感謝で繋がる「信頼の絆」を、
より深め築いて行かなければならないと思います。

同時に、触合う人達と円滑な人間関係を創るために、
日本人の心とも言える「おもてなし」や
人としてのモラル(道徳・倫理)の見直しも必要とされます。
一方、私達は、東日本大震災を始めとして、
大雨などの想定外の自然災害、
原発事故による災害に見舞われ、
尊い大切な命や様々な財や物を失ってしまいした。

私達日本人は、このような厳しい社会環境に晒されながらも、
震災後の夏の節電でも明らかになったように
それぞれの人が生活や思考のあり方を変えたり、
今迄の当たり前を見直したりして対処してきました。

現在の日本は、少子高齢化の社会に入り、
私達は今迄持っていた既成概念や当たり前、
常識や習慣をただ行い、続けているだけでは、
これから迎える厳しい時代の備えにはならないと考えます。
現在に至る迄、社会生活や様々な職場で無数の人と出逢い、
多くの人に生かされ、支えられ生きて来られました。
そして、その出合った方々から、数えきれない位
社会で生きるための学びや教えを得られました。

同時に、自らの欲望や感情を自制することの大事さ、
人と人の繋がりの大切さ、人を大切にすること、
感謝の多大な影響力、思い遣る心の重さ、
と言った多くのことを、心の気付きとして得られました。

この講座は、人様の体験出来ないどん底の生活や惨めな心、
銀座の高級クラブ勤務時や社会生活で出会った高い地位の方に
運よく巡り合えた波乱万丈の人生と失敗の学びで学んだ、
人として必要とされる感謝の表現、謙虚さ、思いやる心の大切さ、
日常生活やコミュニケーションに役立つ様々な「知恵」や「技」を
日本人の心「おもてなし」を通してお伝えする講座です。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2085-0d852bcb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック