接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「サービス」と「ホスピタリティ」の語源

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2018新ロゴL

御訪問ありがとうございます。このサイトを御覧戴く皆様へ。

過去九年間に書いた三千近くの投稿が載ってます。記事右横のカテゴリー項目ですと記事が見つけ易いです。
人の「心」は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
こちらに載せてある「人の心や人間関係関連」の内容は,読む個々人に見合った項目や内容を選びお読み下さい。


ハート無題1s #思いやり ってどんなこと?ハート無題1s


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

「サービス」と「ホスピタリティ」の語源

サービスの語源はラテン語 Servitus (セルヴィタス・サーバス)意味は「奴隷」です。

サービスは「奴隷」の語源の通り、サービスを受ける側、即ちお客様が主であり、

お客様に接客しサービスを提供する側が従となります。

このようにサービスは主従関係が明確にされているのです。

私見ながら日本国内では、サービスの語源である奴隷の語彙を日本的な解釈で活用されていると考えます。

ホスピタリティの語源は、ラテン語のHospics(客人等の保護)です。

Hospicsが変化したHospitality(ホスピタリティ)は「客人の保護者」や「歓待」を意味します。

それが英語のHospital(病院)Hotel (ホテル)Hospice(ホスピス)などの言葉に変化したと言われてます。

ホスピタリティを辞書検索すると

「心の篭ったもてなし」「手厚いもてなし」「歓待又は歓待の精神」とあります。

一般的に言われている「ホスピタリティ」とは客人、お客様、病院で言えば患者さんに対する

おもてなし」「歓待」「思い遣り」の意味だと、私は解します。

ホスピタリティに重視されるのは、人間性や信条、個性、感性などであり、それは奉仕の精神です。

見返りや報酬を求める行動ではありません。

報酬は結果としてついてくるという考え方です。

お互いを思い遣り、心を込めて手厚くもてなすことは、とても大事な顧客サービスです。

日本的解釈のサービス、ホスピタリティ共に、相手の事を考えて行ってきた事が最後には自分に帰って来る

即ち、相手の立場に立ち、相手を「もてなす」ことは自分自身に喜びや感動となって帰って来ます。

要約すると「リターン・アイの精神」で行うことが大事だと言えるでしょう。

ホスピタリティ精神なくして、日本的サービスは成り立ちません


日本的解釈のサービス、ホスピタリティ、この二つが良い循環を生んで企業や人の成長に繋がるのです。

このことは接客の世界で働く人々が体験出来る素晴らしく、素敵なことと言えます。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/209-443df385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。