接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  自分と向き合う

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

自分自身を知り、認める

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

自分と向き合う1

自分と「向き合う」ためには、先ず自分自身と真摯に向き合い、
有の侭の姿と自分がまだ気付かない未知の自分を知る、そしてその自分自身を認めることです。
その為に先ず、自分の強み弱みと真摯に「向き合う」ことから始め、
他人とは、お互いが人として「認め合い」、本気で真剣に相手と「向き合う」ことです。

人は素直に自分自身を受け入れることが苦手とし、己のに向き会い、自らの本当の姿を知ったり、
認めたりすることをせず、安易に自分を認めてくれ受け入れてくれる
他人との触合いや交わりを求める(他人と向き合う)ようになりがちです。

その結果として、即、他人との繋がりに結び付く、
即ちコミュニケーションスキルを磨くことに目が行くようになり、
自分自身を知り、認めることが後回しになってしまいます。

己をよく知り、理解せずそのようなスキルを磨いても、所詮「人形作って魂入れず」、
即ち、外見だけの付け焼刃になってしまいます。
先ず、自分を理解した上で、自分の能力に見合った知識やスキルを身に付ければ、
それは、その人の「」として身に付きます。


【内省】 深く自己を省みること、反省、冷静に自己を内省する。内省的。内観。

「自分と向き合う活動」

1. 自分の意思で決断する癖をつける。
2. の内面と向き合う前に、まず自分の部屋を掃除する。
3. 自分を、生かしきる。
4. 今だけに集中する。
5. 一日十分でいいから、瞑想の時間を取り入れる。
6. 総ての過去を、肯定する。

7. 自分のしたことに言い訳をしていないか附省みる。
8. 目的から先に考える。
9. 目的を決めてから、本を選ぶ。
10. 既にある本当の自分を、引き出す。
11. 「一つになるため」の仕事をする。
12. なりたい自分になるために、それらしい外見を整える。

13. マインドマップをの整理に役立てる。
14. 行動する意味を、考える。
15. 「好きかどうか」で、進路を決める。
16. 今の友人から、早く卒業できるようになる。
17. 自分の引き出しを自覚し、自分が気付かずに埋もれているものを探す。
18. 仕事は、早めに片付ける。

19. 行動に目的を持って、壁を乗り越える。
20. のごみである業を、取り払う。
21. 自分の有りの侭を表現する。
22. 事実の奥にある愛の表現に気づく。
23. あなたを助けてくれた人に感謝する。
24. の鏡は、周りの人を見て判断する。

25. 命の輝きに感謝する。
26. 残りの人生を自覚する。
27. 恥ずかしいことほど、言葉にして出してしまう。
28. 心の警報機が鳴ったとき、素直に原因を探す。
29. 電話は、切った後に注意する。
30. 実は、心の穴を埋める行動になっていないか、チェックする。

31. 短所は気にせず、長所だけ伸ばす。
32. 「ありがとう」と言われる行動をして、愛を表現する人生を送る。
33. 自分は物事を冷静に受け止める。
34. 他人から認められる。
35. 面倒なことが起きても積極的に立ち向かう。
36. やるべきことがたくさんあると、充実した気分になれる。・・・など

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2096-bddc4420
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック