接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  挨拶-原義の解説

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2018新ロゴL

御訪問ありがとうございます。このサイトを御覧戴く皆様へ。

過去九年間に書いた三千近くの投稿が載ってます。記事右横のカテゴリー項目ですと記事が見つけ易いです。
人の「心」は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
こちらに載せてある「人の心や人間関係関連」の内容は,読む個々人に見合った項目や内容を選びお読み下さい。


ハート無題1s #思いやり ってどんなこと?ハート無題1s


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

原義の説明⇒(子供と大人)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

挨拶原義

〇子供への説明

純な心の子供達から「あいさつは、どうしてするの?」とよく質問されます。

① 「新しい友達をつくるため」
② 「誰からも親しみやすい自分になるため」
③ 「知り合いの友達と仲良くするため」
④ 「親しい友達と心のキャッチボールをするため」
⑤ 「友達の返事から、心と体調を知るため」
⑥ 「自分の気持ち健康状態を心配させないため」
⑦ 「親兄弟への礼儀として」
⑧ 「感謝を表わすため」
⑨ 「先生などと心を通わすため」
⑩ 「自分を元気にするため」などと、答えます。

〇大人への説明

1. 挨拶原義の自覚
  [押す、押し返す、迫る、開く、知る(察知する)]
2. 新しい人間関係の原点
3. 人としての礼節として
4. 社会人の義務として
5. 感謝の心を現すため
6. 人間関係を円滑にするため
7. 自己表現の方法の一つとして
8. 思いやる心を現すため
9. 尊敬の意を表すため
10. 余計や気遣いをさせないため
11. 謙虚な心を示すため
12. 心の窓を開けるため・・・等々

以上のような原義は、一人の人間、親として、社会人としても
相手を認めることとして、「当たり前」に弁えておくべき大切ことです。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2100-6d78f79f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。