接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「五原」を以って、自分と自社の現場・現物・現実の当たり前を見直す

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

五原」で “現場” “現物” “現実” を見る

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

「五原」で“現場”“現物”“現実”

現代社会は、物凄い勢いで成長、進化し続けていますが、
今の日本社会では「人の心」がそれに追いつけない現状であると思われます。
現在の日本社会は、有り余る物と様々な知識や情報、また商品や店舗などに
関する溢れるばかりの様々な情報が簡単に手に入ります。

これからの少子高齢化社会、2050年問題として
世界から注目されている「ジャパンシンドローム」の環境に置かれている私達日本人にとって、
今後の厳しい社会環境を生き抜き、日本のアイデンテティをより強いものにして行くには、

当然ながら『モノ』である商品のクオリティアップ、ブランディングは必要ですが、
モノ」をどう使うかと言ったことや「モノ」を使う人の心を表わす『コト』、
即ち付加価値と知恵を使った日本独自の「おもてなし」で
他国と差別化を図らなければならいと考えます。

同時に「クールジャパン」と称され世界中から認められている
様々な日本独自の文化を全世界に発信して行く必要があると考えます。
最近は、日本独自の文化である「おもてなし」の再認識とホスピタリティの「おもてなし」に対する
意識や表現法などの取組みが世界の国々から注目を浴びています。

このような世界中からの期待や来たる2020年のオリンピックの為にも、
今迄の自分自身や自社(店舗)の「当たり前」や「常識」とされていることを、
現場”“現物”“現実”と同時に、原義・原点=原点回帰・原因・原則・原理の
五つの要素で物事や現場を視ることもとても大事なことです。
そして、改めるべき点は改め、不足していることや知識などを補うことをお薦めします。

このような「当たり前」や「常識」を改めて見直すことにより会社や職場は勿論のこと、
個人としても、数々の改善点や気付きに繋げられます。
即ち、現地、現場現実を見ずして、机に向かい思考しているだけでは、
現場での様々な問題点や改革・改善点は何も見えてきません。
従って三現主義五原により現状をより直視し、
その先に繋げると言う考え方であると解します。

三現主義現実”“現場”“現物を実施する為には、確りした「人間力」が不可欠です。
その「人間力」を以って現場で、現物を、現実的に視ることはどの様な職場でも大切です。

即ち、現在起きている事実の原因、今後想定されるであると思われる出来事の要因・要素を調査し、
それに関するあらゆる知識を得ると共に関連情報を集収し、
適切な判断と的確な施作を思考・討議した上で、適正適切な対処処置をすれば、
人(企業)と物に対する信頼や品質は向上するということです。

人は得てして直観や概念、今迄の体験からの【当たり前】、
常識で物事を視たり、判断したりしがちです。
冷静平等に自分自身や自社(自店舖)を顧客目線や現場で働く人、
社会全体の目線で見つめることも必要とされます。

別の考え方として、心技体三味一体(店・人・商品)の構成要素で
“現実”“現場”“現物”の夫々を一つひとつ細かく分析して行くと言うことです。


五原】の要素の語彙と夫々の意味

【原義】その言葉が本来持っていた意味。元の意味。原意=もとの意味。本来の意味。

【原点】物事を考えるときの出発点。※原点回帰
    自分が原点であると思った場所に帰ること。初心に戻ること。

【原則≒法則】多くの場合に共通に適用される基本的な決り。
    顧客やクライアントの立場に立ち顧客目線・顧客意識で見たり考えたりすること。

【原理】事物・事象が依拠する根本法則。基本法則。
    様々な不の要素を引き起こすメカニズムや製造・販売条件、
    製造・販売環境などの多角的に機能を知り認識すること。

【原因】ある物事や、ある状態・変化を引き起こす元になること。また、その事柄。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2115-3e7acfa2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック