接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  言葉に心をのせて

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2018新ロゴL

御訪問ありがとうございます。このサイトを御覧戴く皆様へ。

過去九年間に書いた三千近くの投稿が載ってます。記事右横のカテゴリー項目ですと記事が見つけ易いです。
人の「心」は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
こちらに載せてある「人の心や人間関係関連」の内容は,読む個々人に見合った項目や内容を選びお読み下さい。


ハート無題1s #思いやり ってどんなこと?ハート無題1s


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

伝達意図に適した言葉

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

伝達意図に適した言葉

伝達意図のA.B.C.を言葉の例イ)~レ)に当て嵌めてみて下さい。

伝えて当たり前、伝えて好感の言葉

〇伝達意図

A.伝えて当たり前、伝えないと不信感を与えてしまう言葉

B.伝えれば好感や好印象を与える言葉

C.自らの心を伝える言葉


〇言葉の例

イ)「いつもお世話になっております」or「常々、お世話になっております」

ロ)「ありがとうございます」or「誠に有難うございます」

ハ)「有難く存じます」or「心より感謝(致して)しております」

ニ)「お気遣い、有難いです」or「お気遣い、有難う御座います(感謝致します)」

ホ)「お手数をお掛け致しました」

へ)「失礼いたします」or「失礼させて頂きます」、「失礼とは存じますが」

ト)「とんでもございません」「恐れ入ります」 or「恐縮です」、「恐縮致しております」

チ)「心より感謝申し上げます」or「感謝致します」

リ)「素早い(≒早速)の御返答(≒御対応・御処理)誠に有難う御座います」

ル)「わざわざお電話頂戴いたしまして、有難う御座いました(有難う御座います)」

オ)「お忙しい中(御用繁多な中)、貴重なお時間を割いて頂き、有難う御座いました」

ワ)「先日はわざわざ、御足労頂き(お越し頂き)、有難う御座いました」

カ)「卒爾ながら(突然で失礼で御座いますが)」
  (卒爾) =俄かなこと。その様。出し抜け。突然。軽率なこと。その様。軽弾み。

ヨ)「申し訳ございません」or「誠に、申し訳ございません」

タ)「御心配(御心労)をおかけし、大変申し訳ございません」

レ)「私どもの不手際(不行き届き)、心よりお詫び申し上げます」

(主な言葉を載せてみました。上記以外の言葉もA.~C.に当て嵌めてみて下さい。)

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/2118-427d5d4d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。