接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  パーソナル・データの作り方(P.D.)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

パーソナル・データP.D.の作り方 
   (個人育成シートファイル)

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

パーソナルデータ(以降P.D.)には大きく分類すると、
様々な個人情報や入社時からの職位の経過や考課、査定、給与、賞与の推移を記すのものと、
職務上の進捗状況、個別指導育成、面談記録として現場や職場で使われるものがあります。

P.D. の作成

世の中は様々な要因により、経済状況が悪化し、稀に見る厳しい状況となっています。
飲食や接客業界もその煽りをまともに受けつつあります。
当然ながら、人件費も効率の良い使い方が求められます。

この様な時だからこそ、一人ひとりが持つ職務能力の強化を図らなくてはなりません。
そのために、個々の資質や職務能力分析、職務スキルの向上が必要になります。
一人ひとりの能力アップのために活用出来るよう、P.D.を作成することをお薦めします。
※此処では一例として、個人面談、評価育成経緯、経過記録としてP.D.の作り方を説明します。

人の記憶力は優れた人でも一日経ってしまうと約半分忘れてしまうと言われています。
接客・接遇業界で日々多くの方々に接する私達の仕事はお客様中心の記憶になりがちです。
部下のスタッフが多い場合や個別面談を定期的に行わない上司の場合によく聞くことですが
「前回の面談で出された指示や課題の結果や答を用意して行っても、うちの店長は前に話した
内容を時々忘れるんだよね」とか
「突然、いつ何時に個別面談するからと言われて困るんですよ」
と言うスタッフの声を時々耳にします。

この様なことの殆ど原因が、現場や職場が忙し過ぎて作業的な接客や業務になり、
ただ働いてお金を得るだけの場所になってしまい、
結果として人間的な育成に重きを置けない職場、スタッフから、
仕事だけで人として信頼されてない上司がいる場合が多いのではないかと考えられます。
スタッフにとって働きながら人として成長できる職場であれば、当然ながらチームワークが良く、
個人の職務能力も高く、離職率も低くなるのです。

どんなに忙しくても、人が支える接客・接遇のお仕事ですから、
人として向き合い、温かな血を通う個々に合わせた指導育成の会話や面談、フォローが必要とされるのです。

このP.D.を活用し、人として大切な、感謝思い遣りに溢れた、楽しく仕事の出来る職場にし、
個人の職務能力アップを目指しましょう。


    ブログパーツ
    ◆人と触れ合うお仕事をされている方々へ◆

    あなたの色は、どんな色?

    一人ひとりに、その人なりのブランド『色』が在ります。

    「魅力溢れる色」は人を惹きつけて放さない「個性」「特徴」を持っています。

    個性豊かな素敵な『あなただけの色』を放つために、

    どんなことをすれば「魅力溢れる色」になれるのでしょうか?

    一人ひとり顔に夫々の個性があるように、

    一人ひとりの心、素敵な光りを放つ輝く色、それぞれにブランドがあるのです。

    あなただけが持つ心と、全身から放たれる個性的な色の輝きを

    人との触合いの中で磨き上げましょう。

    日々の接客のお仕事、生活の中で切磋琢磨しましょう。

    厳しい心と弛まぬ努力であなたの『色』を磨きましょう。

    美しく輝く素敵な、魅力溢れるあなただけのブランドカラーでお客様に接しましょう

    あなたの回りにいる、大切な人々に触合いましょう

    美しく輝く魅惑的な『あなたの色』のブランド創りは、豊かで幸せな心の「礎」です。

    接客・接遇の世界にはその「礎」があります。
    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/212-38d75bfe
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック